ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所施設内環境測定のための「強制通風式センサーボックス」作成マニュアル

施設内環境測定のための「強制通風式センサーボックス」作成マニュアル

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月31日更新

 現在,環境測定機器は多くの企業から販売されていますが,コスト削減のため気温センサー部が自然通風式になっている機種も多く見受けられます。しかし,気温センサー部が自然通風式の場合,施設内は屋外より風が弱いため,放射により日中は気温が高く観測される傾向があります。そのため,より正確な気温の観測には,電動ファンなどにより強制的な風通しを確保する,強制通風式のセンサーボックスが必要になります。
 ここでご紹介するのは,おんどとり等のセンサー部のみの機種でも,より正確な気温の観測を可能とする,強制通風式センサーボックスの作成方法です。

施設内環境測定のための「強制通風式センサーボックス」作成マニュアル(Ver.1.1) [PDFファイル/6.38MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)