ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす国保医療課後期高齢者医療/「保険料」はどうなるの?

後期高齢者医療/「保険料」はどうなるの?

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

1 保険料の決め方

 保険料は被保険者一人ひとりに課せられ、一人当たりの保険料額は、所得に応じて負担していただく部分(所得割)と、等しく負担していただく部分(均等割)との合算額になります。
 保険料率は、各県ごとに後期高齢者の医療費等に応じて広域連合の条例で定められ、県内均一となります。
  【宮城県の保険料率(平成30年度・31年度)】
   ○所得割率…8.02%     ○均等割額…年額41,400円

 保険料算定の図

2 保険料の納め方

 保険料は、原則として年金から天引きされます。
 ただし、年金受給額が年額18万円未満の方や、介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた額が年金受給額の2分の1を超える方は、年金からの天引きは行われず、納付書、口座振替等により納めていただくことになります。

3 保険料の軽減措置(平成30年度)

1.所得の低い方の保険料
  世帯の所得に応じて均等割が軽減(9割、8.5割、5割、2割)されます。
 

2.これまで保険料の負担のなかった方(被用者保険の被扶養者であった方)の保険料

 後期高齢者医療の被保険者になると、保険料を納めていただくことになりますが、激変緩和措置として、所得割は賦課されず、均等割が5割軽減されます。

  ※軽減措置は、制度改正によって内容が変わる場合があります。

  ※更に詳しい説明については、宮城県後期高齢者医療広域連合のHPをご覧下さい→保険料について