ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

後期高齢者医療財政安定化基金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

後期高齢者医療財政安定化基金とは

 宮城県では,後期高齢者医療の財政の安定的な運営を図るため,高齢者の医療の確保に関する法律第116条第1項の規定に基づき,「後期高齢者医療財政安定化基金」を設置しています。

 この基金は,保険料未納リスク,給付増リスク及び保険料上昇抑制に対応するため,国・都道府県・後期高齢者医療広域連合が3分の1ずつ拠出して,都道府県に設置し,交付や貸付を行うものです。

基金事業等に係る運営及び管理に関する基本的事項の公表について

 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令(昭和30年政令第255号)第4条第2項第1号の規定に基づき,基金造成の状況について公表します。

  基本的事項(令和2年3月31日現在) [PDFファイル/111KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)