ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

禁煙を成功させるために

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月23日更新

禁煙を成功させるために

 自力で禁煙することも可能ですが,専門家の支援を受けたり,禁煙補助薬を使用することなどで禁煙の成功率が高まります。
 海外の報告によれば,禁煙補助薬を使用することで,禁煙率が約2倍~3倍高まると言われています。

禁煙を成功させるコツ

  1. 家族や周囲の人に禁煙を宣言する!仲間と一緒に励まし合いながら禁煙するのも効果的です。
  2. 禁煙開始日を設定する。例)自分の誕生日,結婚記念日,年始め など
  3. 禁煙の動機を明確にし,繰り返し確認する。例)生まれてくる子どものために,家族と一緒に居る時間を作りたい など
  4. 喫煙具(たばこ,ライター,灰皿)を処分する。
  5. たばこが吸いたくなったら,他の行動(深呼吸,冷たい水を飲む,ガムを噛むなど)をする。)禁煙を始める前に,どういった時にたばこが吸いたくなるかを記録し,喫煙行動パターンを把握すると,禁煙に役立ちます。
  6. 喫煙と結びつく生活行動パターンを変える。例)朝起きたらまず歯磨きをする,コーヒーやアルコールを控える,夜更かしをしない など
  7. たばこの煙の多い場所を避ける。お酒の席は要注意です。
  8. たばこを勧められた時の断り方を身につけておく。
  9. 禁煙を続けられたら自分を褒める(ご褒美を用意する)。周りの人に禁煙を勧める。周囲の人も,禁煙できた人を褒めてあげて下さい!

 周りのサポートの活用

 サポートの活用

1 禁煙治療のできる病院,診療所に相談

※禁煙治療への保険適用には一定の条件があり,それを満たさないと保険が適用されません。 したがって,喫煙本数の少ない方や,喫煙を開始してからの年数の少ない方(未成年者含む)は,自由診療扱いになりますが,禁煙治療を受けることはできます。例えば,1年間たばこを毎日20本吸うと年間で約11万円の出費になりますが,禁煙治療を自由診療で受けると約3万円~4万円で済み,その後も健康的な生活を送れるとしたら,どちらが良いでしょうか?

2 禁煙支援薬局に相談 → 詳しくはこちら(リンク先:一般社団法人宮城県薬剤師会HP)

3 市町村等の禁煙サポート(禁煙講座等)を利用する。

※実施していない市町村もありますので,詳しくは,お住まいの市町村にお問い合わせください。

4 インターネットの禁煙支援サイトを利用する。

※有料のサイトなどもありますので,事前によく説明などをご確認のうえ,利用願います。

禁煙補助薬の利用

1 ニコチン製剤

禁煙を始めると,ニコチンの補給が途絶えるため,離脱症状(禁断症状)が出て,禁煙の障害になることがあります。この症状を軽くするために,ニコチンパッチなどから微量のニコチンを補給します。

※これらの薬剤は,妊婦,授乳中の方には使うことができません。

2 経口禁煙補助剤

平成20年5月から発売された飲み薬タイプの禁煙補助薬です。ニコチン依存にかかわる脳内の神経細胞に作用し,喫煙による満足感を抑制することで,禁煙に伴う離脱症状(禁断症状)を軽くします。

禁煙に関するQ&A

禁煙に関してのよくある質問については,たばこ対策/禁煙に関するQ&Aのページはこちらをご覧ください