ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

金属加工科

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月27日更新

金属加工科

ページ内記事へのリンク

 

金属加工科集合写真

小型電子部品から自動車や鋼橋に至る様々なものに金属加工の技術が応用されています。

金属加工科では機械加工、溶接技能、板金加工といったものづくりの全般的な知識・技能を勉強します。
 

訓練期間

訓練期間は1年間です。  

定員及び応募対象者

定員は20名です。  

応募対象者は高等学校を卒業(見込み)若しくは、同等以上の学力のある方を対象としています。

訓練目標

金属の接合及び加工などの金属加工に関わる基礎的な技能と知識を習得します。

 学  科系 基 礎

機械工学概論  電気工学概論  生産工学概論  塑性加工概論  材料力学  金属材料学  測定法  製図  溶接法  安全衛生  

 専 攻板金工作法  機械工作法  プレス加工法  展開図  試験及び検査法
実 技系 基 礎

測定仕上げ基本実習  パソコン操作基本実習  機械操作基本実習  溶接基本実習  熱切断基本実習  プレス加工基本実習  安全衛生作業法

専 攻

板金工作実習  プレス加工実習  機械加工実習  溶接組立実習  試験及び検査実習  

訓練内容

諸経費

  • 入学金  5,650円(宮城県収入証紙で納入)
  • 授業料  118,800円/年(4期分納) ※減免制度があります 
  • 教科書、作業服代等 約60,000円

このほか、資格試験には受験手数料がかかるものもあります。  

実習風景

取得できる資格・特典

  • ガス溶接技能講習修了証(講習修了後、修了試験合格者に交付)
  • アーク溶接等の業務に関する安全衛生特別教育修了証(講習修了者に交付)
  • 自由研削といしの取替等の業務に関する安全衛生特別教育修了証(講習修了者に交付)
  • JIS溶接技能者適格性証明書(手アーク・CO2・TIG溶接等、在学中受験)
  • 鉄工(製缶・構造物鉄工)及び板金(建築板金・工場板金)の2級技能士(修了後受験可能)
  • 技能士補(技能照査合格者に交付)

過去3年間の主な内定企業(順不同)

・東北電機製造株式会社  ・佐々木鐵筋工業株式会社  ・岡野クラフト株式会社  ・株式会社松本鐵工所  ・株式会社ヤマニシ
・光工業株式会社  ・南光運輸株式会社  ・株式会社宮富士工業  ・有限会社太平工業  ・富士製罐株式会社
・株式会社日本東北製作所  ・西部スチール株式会社  ・株式会社山大  ・高橋工業株式会社  ・株式会社高松鉄工所