ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業林業特用林産毒きのこによる食中毒に注意しましょう!

毒きのこによる食中毒に注意しましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月12日更新

野生きのこの採取に当たっての注意

 

食中毒は毎年全国で1,000件以上発生し,その内50件程度が野生の毒きのこによる食中毒とされています。食中毒の発生時期は6月から11月ですが,ほとんどが10月に発生しています。

野生きのこは発生した場所や環境の影響を受けやすく,色や形が図鑑と異なることが多々あります。また,命に関わるような危険な毒きのこや,高濃度の放射性物質が検出されることもありますので,知らないきのこは絶対に食べないようにしましょう。

なお,毒きのこについては,厚生労働省や林野庁のホームページに詳しく紹介されていますので,きのこ狩りの前に是非ご覧下さい。

 

厚生労働省

林野庁[PDFファイル/716KB] 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)