トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農村振興 > 奥松島地区・宮戸6分区で桃が収穫されました

掲載日:2021年8月18日

ここから本文です。

奥松島地区・宮戸6分区で桃が収穫されました

※桃の直売所は,奥松島縄文村歴史資料館に隣接するほ場にあります。

直売所は不定期開催であり,その開催の有無や桃の販売に関する事柄について,当部ではお答えできませんのでご了承ください。

「東松島産イチジク・桃の記事一覧はこちら

(「東日本大震災 復旧・復興状況>東松島市・奥松島地区」(令和2年度まで更新)の記事一覧はこちら)

(写真)桃の実奥松島地区・宮戸6分区では,奥松島果樹生産組合「いちじくの里」によって,いちじくや桃が栽培されています。

もともと水田だったこの場所は,震災で大きな被害を受けました。

復旧にあたっては,ほ場整備後,この水田の一部が転作され,果樹園としての利用が始まりました。

平成28年3月に桃の木が植栽され,平成29年に初収穫を迎えて以来,今年で5度目の収穫となります。

(桃の実)

このほ場では,まどか,くにか,あかつきの3種の桃が栽培されており,

この時期,3種のうち最も収穫が遅い品種である,くにかの収穫が行われています。

(写真)桃の収穫の様子

(桃の収穫の様子)

170本の桃の木が植栽されたこのほ場で,今年は4万個の出荷を見込むほどの収穫がありました。

昨年を超える実りとなっており,大きいものだと400グラムを超える桃が収穫されています。

(写真)収穫された桃

(収穫された桃)

「東松島産イチジク・桃」の記事一覧はこちら

(「東日本大震災 復旧・復興状況>東松島市・奥松島地区」(令和2年度まで更新)の記事一覧はこちら)

※桃の直売所は,奥松島縄文村歴史資料館に隣接するほ場にあります。

直売所は不定期開催であり,その開催の有無や桃の販売に関する事柄について,当部ではお答えできませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

東部地方振興事務所 農業農村整備部 

宮城県石巻市あゆみ野五丁目7番地 4階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は