トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農村振興 > 奥松島地区・宮戸6分区で桃の袋掛けを行っています

掲載日:2021年6月3日

ここから本文です。

奥松島地区・宮戸6分区で桃の袋掛けを行っています

「東松島産イチジク・桃の記事一覧はこちら

(「東日本大震災 復旧・復興状況>東松島市・奥松島地区」(令和2年度まで更新)の記事一覧はこちら)

※桃の直売所は,奥松島縄文村歴史資料館に隣接するほ場にあります。

直売所は不定期開催であり,その開催の有無や桃の販売に関する事柄について,当部ではお答えできませんのでご了承ください。

奥松島地区・宮戸6分区における桃の栽培について

東松島市の奥松島地区・宮戸6分区にて,桃の栽培が行われています。

東日本大震災で大きな被害を受けた奥松島では,地元の漁業者で結成された「奥松島果樹生産組合 いちじくの里」によって,平成28年3月に桃が植栽されました。

もともとこの場所は水田でしたが,震災後,農地整備ののちに果樹園としての利用が始まりました。

桃の栽培は,今年で5年目を迎えています。

(詳しい過去の取組は,当HP内「東日本大震災 復旧・復興状況>東松島市奥松島地区」をご覧ください)

桃の袋掛け

6月上旬,青く澄んだ空の下,桃の実への袋掛けが行われています。

袋掛けを行うことによって,病気や虫から桃を守り,桃の表面をきれいに保つことができます。

(写真)袋掛けを行う様子

袋掛けを行う様子

(写真)袋掛けを行った桃の実

袋掛けを行った桃の実

この果樹園ではあかつき,まどか,紅錦香(くにか)という3種類の桃が栽培されており,7月上旬~お盆頃にかけての収穫が見込まれています。

(参考写真)昨年収穫された桃

(参考)昨年収穫された桃

「東松島産イチジク・桃の記事一覧はこちら

(「東日本大震災 復旧・復興状況>東松島市・奥松島地区」(令和2年度まで更新)の記事一覧はこちら)

※桃の直売所は,奥松島縄文村歴史資料館に隣接するほ場にあります。

直売所は不定期開催であり,その開催の有無や桃の販売に関する事柄について,当部ではお答えできませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

東部地方振興事務所 農業農村整備部 

宮城県石巻市あゆみ野五丁目7番地 4階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は