ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > 東日本大震災復興祈念 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

東日本大震災復興祈念 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本展覧会や関連イベントの予定が変更になる場合がございます。
その場合は当館ホームページなどを通じて、随時お知らせいたします。

ご理解頂きますようお願いいたします。

 

ご来館に当たり、必ず下記の「感染予防等のためのご来館の皆様へのお願い」をご一読ください。

感染予防等のためのご来館の皆様へのお願い

 

清澄で叙情性を湛えた風景画の数々により、戦後の日本画の世界に大きな足跡を残した東山魁夷(1908-1999)。東山が生涯で最も長い年月をかけて取り組んだ仕事が、律宗の総本山、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画と厨子絵です。

1964(昭和39)年、唐招提寺の長老は、鑑真和上千二百年忌を記念して、国宝鑑真和上像を安置するための御影堂建立を念願、その障壁画の制作を、国民的な人気を誇る画家東山魁夷に託しました。東山は熟慮の末、生涯の全てをかける気持ちでこれを引き受けました。

五室にわたる大障壁画は、日本の風土の象徴としての海と山、鑑真和上の故国である中国の風景からなります。東山は、日本や中国の各地を歩いてスケッチを重ね、幾度も構成を練り、この記念碑的大作を完成させました。

本展では、通常、年に数日しか公開されることのない障壁画、全68面を一堂に展示します。さらに制作に至る過程のスケッチや下図なども展示し、10年以上にわたる制作の過程もご覧いただきます。

東山魁夷が鑑真和上に捧げた祈りの美の全貌を、ぜひこの機会にご堪能ください。

 

展覧会の画像

御影堂内「宸殿の間」より「上段の間」を臨む

 

展覧会概要

会期

2020年9月19日(土曜日)- 11月1日(日曜日)

開館時間

午前9時30分~午後5時(発券は午後4時30分まで)

休館

毎週月曜日(ただし9月21日は開館)、9月23日(水曜日)

当日券料金

一般1,400円、学生1,200円、小・中・高校生 700円

前売・団体料金 (20名以上)

一般1,200円、学生1,000円、小・中・高校生550円 

前売り券情報

販売期間:2020年7月18日(土曜日)から2020年9月18日(金曜日)


藤崎、仙台三越,チケットぴあ[Pコード:685-333]、ローソンチケット[Lコード:21497]、セブンチケット、イープラス、日専連カスタマーセンター(アエルビル9F)、ニッセンレン・テラス セルバ店、河北新報販売店、tbcホームページ

主催

宮城県美術館、河北新報社、tbc東北放送、日本経済新聞社

協賛

富士通

後援

仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、エフエム仙台

特別協力

唐招提寺

協力

長野県信濃美術館 東山魁夷館

 

出品作品

作品の画像

《唐招提寺御影堂障壁画 山雲》(部分) 1975年 唐招提寺蔵

作品の画像

《唐招提寺御影堂障壁画 濤声》(部分) 1975年 唐招提寺蔵

作品の画像

《唐招提寺御影堂障壁画 桂林月宵》 1980年 唐招提寺蔵

作品の画像

《唐招提寺御影堂障壁画 黄山暁雲》 1980年 唐招提寺蔵

 

 

 

 

 

 

関連イベント
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、予定が変更になる場合がございます。

展示解説

概要

講師

当館学芸員

会場

当館講堂

日時

9月22日(火曜日・祝日)、 10月17日(土曜日)  午後 2 時 ~ 

定員

100名(先着順) ※開場は30分前

 

特別展講話 「東山魁夷の障壁画制作-画家の言葉から」

概要

講師

当館学芸員

会場

当館講堂

日時

10月3日(土曜日) 午後1時30分~(60分程度)  開場は午後1時です。

定員

100名(先着順) 

 

講演会「東山魁夷をもう一度」

概要

講師

野地耕一郎 (泉屋博古館分館長)

内容

東山魁夷を長年研究されてきた野地耕一郎氏をお招きし、この機会ならではのお話をしていただきます。

会場

当館講堂 

日時

10月24日(土曜日) 午後1時30分~(90分程度) 開場は午後1時です。

定員

100名   ※要事前申し込み。応募多数の場合抽選。(聴講無料)

申し込み

※本講演会は事前申し込み制です。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

※往復はがき以外は無効となりますので、ご注意ください。

※参加希望者1名につき1枚の往復はがきに、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を明記し、返信面に宛名を記入の上、下記までお送り下さい。

 

〒980-0861 仙台市青葉区川内元支倉34-1

宮城県美術館  東山展講演会係

 

※9月25日(金曜日)必着。

※当落のご連絡は10月9日(金曜日)までに発送いたします。

往復ハガキ記入例

往復ハガキ記入例往復ハガキ記入例

 

※いずれのイベントも、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、以下の点にご理解、ご協力ください。

○定員は100名までとさせていただきます。(講演会は事前申し込み制、応募多数の場合は抽選です。)

○発熱、咳、くしゃみなど風邪の症状がある方、体調のすぐれない方の参加はご遠慮ください。

○会場内ではマスクを着用ください。

○検温にご協力ください。

○会場入口等でお並びいただく際は、係員の指示に従い、他のお客様とは2m程度の距離をお取りください。

○連絡先のご記入にご協力ください。会場内で新型コロナウイルス感染症が発生した場合、保健所等の行政機関による聞き取り調査にご協力いただく場合があります。

割引情報

相互割引

本展チケットの提示で下記展覧会を100円割引で観覧できます。他の割引との併用はできません。
特別展「伝わるかたち/伝えるわざ-伝達と変容の日本建築-」
会期 2020年9月26日(土曜日)~11月23日(月曜日・祝日)予定
会場 東北歴史博物館


東北歴史博物館ウェブサイト http://www.thm.pref.miyagi.jp/