ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

世界遺産 ヴェネツィア展

 

展覧会概要
会期:2012年3月17日(土)–5月13日(日)
開館時間:9時30分~17時00分
(発券は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし4月30日は開館)
観覧料:一般1200円(1100円)、学生1000円(900円)、小・中学生・高校生500円(400円)
( )内は20名以上の団体料金
主催:宮城県美術館、河北新報社、TBC東北放送、東映、TBS
後援:外務省、文化庁、イタリア大使館、テレビユー山形、テレビユー福島
特別協賛:イオン
協賛:大日本印刷、損保ジャパン、富士通
協力:ヴェネツィア市立美術館群財団、アリタリア-イタリア航空、
日本貨物航空、アルテリア、日本通運

海上の潟(ラグーナ)の上に築かれた美しい町並みで、今なお多くの人々を魅了するイタリア北部の都市、ヴェネツィア。かつては共和国として1000年にわたって自由と独立を貫き、「アドリア海の女王」として君臨しました。13世紀には強大な軍事力と交易による富を背景に黄金時代を謳歌します。16世紀ルネサンス期には文化が爛熟期を迎え、世界中の富裕階級に愛される多彩な芸術が花開きました。その栄光はサン・マルコ広場やドゥカーレ宮殿などの街の至る所に現在も受け継がれています。
都市国家の歴史や貴族の暮らしを伝える品々、豊かな色彩で知られるヴェネツィア派絵画の巨匠たちの作品を含む約140件により、華麗なるヴェネツィア人の世界をお楽しみください。

関連事業

講演会:「ヴェネツィア―都市と芸術」

概要
講師:京谷啓徳(九州大学准教授)
日時:3月25日(日)午後2時–
会場:アートホール
料金:無料
お申込み:不要

世界遺産 ヴェネツィア展 コンサート
~古楽器アンサンブルが奏でるヴェネツィアの調べ~

概要
演奏:小池まどか(バロックヴァイオリン)
中野哲也(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
梅津樹子(チェンバロ)
日時:4月28日(土) 17時30分開演
「世界遺産 ヴェネツィア展」の観覧券または半券をご提示ください。
会場:エントランスホール
共催:宮城県文化振興財団
曲目:D.カステッロ
      ソナタ第1番
バンドルフィ・メアッリ
      ソナタ第2番 ラ・チェスタ
スカルラッティ
      ソナタK18、K208
A.ヴィヴァルディ
      ソナタ第4番 変ロ長調
A.コレッリ
      ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタより「ラ・フォリア」

ギャラリー・トーク

概要
講師:当館学芸員
日時:3月18日(日)午後2時–
 4月15日(日)午後2時–
 5月6日(日)午後2時–
会場:2階展示室入口に集合
お申込み:お申込みは不要ですが、「ヴェネツィア展」の観覧券をお持ちください。

 

出品展示品
ヨーゼフ・ハインツ・イル・ジョーヴァネ
《ヴェネツィアの眺望》
1648-50年頃
コッレール美術館
ヨーゼフ・ハインツ・イル・ジョーヴァネ 《ヴェネツィアの眺望》
ラッザロ・バスティアーニ
《総督フランチェスコ・フォスカリ》
1455-60年頃
コッレール美術館 
ラッザロ・バスティアーニ 《総督フランチェスコ・フォスカリ》
作者不詳
《総督モロジーニの祈祷書と銃》 17世紀
コッレール美術館
《総督モロジーニの祈祷書と銃》
ムラーノ製
《「羽毛飾り」が施された脚付きの瓶》 16-18世紀
ガラス博物館
ムラーノ製 《「羽毛飾り」が施された脚付きの瓶》
ヴィットーレ・カルパッチョ
《聖母子と洗礼者聖ヨハネ》
1485-90年頃
コッレール美術館
ヴィットーレ・カルパッチョ 《聖母子と洗礼者聖ヨハネ》
ロレンツォ・ロット
《天使より戴冠される聖母子》
  1525-29年
コッレール美術館
ロレンツォ・ロット 《天使より戴冠される聖母子》

All Images: cヴェネツィア市立美術館群財団