ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす新産業振興課宮城の伝統的工芸品/切込焼

宮城の伝統的工芸品/切込焼

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月14日更新

伝統的工芸品一覧∥ 宮城伝統こけし雄勝硯鳴子漆器
白石和紙堤焼埋木細工岩出山しの竹細工中新田打刃物松笠風鈴堤人形切込焼
仙台張子仙台釣竿仙台平仙台御筆玉虫塗若柳地織仙台箪笥仙台堆朱

切込焼(きりごめやき) 

切込焼写真 切込焼の創始は,確たる文献がないため謎に包まれていますが,1844~1860年(江戸末期)ごろ全盛であったと伝えられています。この焼物は染付けが主で白磁,瑠璃,砂鉄,三彩などがあります。絵付は簡素で素朴なものが多く,わびさびが感じられます。
 明治初期に一旦廃絶しましたが,現在は,加美町切込地区で復活され,製作されています。

指定区分

 宮城県知事指定伝統的工芸品

指定年月日

 昭和59年2月16日

原材料

 陶土,陶石,顔料(呉済)

主な作業工程

 原料粉砕・土練 → 成形 → 素焼き → 染付け(釉掛け) → 本焼き

主な製品

 茶器,花器,置物 他

生産地

 加美町(旧宮崎町)

問い合わせ先

 加美町ふるさと陶芸館(切込焼記念館)
 〒981-4401 加美町宮崎字切込3
 Tel:0229-69-5751
 休館日:毎月第2・4月曜日
 加美町(切込焼記念館)ウェブサイト

その他の情報(リンクなど)

 切込焼 三浦陶房ウェブサイト:加美町で切込焼を製造する三浦陶房のウェブサイトです。