ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす税務課商品中古自動車の減免について

商品中古自動車の減免について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

 中古自動車販売業者の方が所有している商品中古自動車について,自動車税種別割の減免(還付)が受けられます。この減免を受けるには,次の手続きが必要になります。 

減免対象となる自動車

 (1)4月1日(賦課期日)現在に登録を受けていて,中古自動車販売業者の方が商品として所有しかつ展示している
   中古
自動車。(修理等のために展示できないものも含まれます。)
 (2)その所有者,使用者ともに中古自動車販売業者の名義であるもの。
 (3)商品中古車であることが一般財団法人日本自動車査定協会において証明された中古自動車。
   
※二輪車,軽自動車,デモカー・代車・社用車・貸渡車両・新規登録は対象外となります。
   
4月1日(賦課期日)現在で車検が切れている場合は,各県税事務所に確認してください。

減免を受けられる中古自動車販売業者

 (1)減免を受ける方が所有する,すべての自動車に係る自動車税種別割に滞納がないこと。
 (2)減免を受ける方が所有する,すべての自動車に係る当該年度の自動車税種別割が納期内に納付されていること。
 (3)滞納処分を受けた者にあっては,その滞納処分の日から2年を経過していること。

減免額

  年税額の12分の3に相当する額

減免申請の手続き

[手続き1]
 商品中古自動車証明
 (1)申請期間:令和2年4月1から令和2年4月30日まで
 (2)申請先:一般財団法人日本自動車査定協会宮城県支所
 (3)申請に必要な書類
    ・商品中古自動車証明申請書
    ・当該自動車の自動車検査証又は登録事項等証明書の写し
    ・古物商許可証の写し
 (5)証明手数料
   1台につき346円(税込み) ※令和元年度時点の金額です。今後変更の可能性があります。 
   手数料は申請の際,納入していただきます。

 詳しくは,一般財団法人日本自動車査定協会宮城県支所 電話022-284-5093
 までお問合わせください。

[手続き2]
 減免申請 
 (1)申請期間:令和2年4月1日から令和2年6月1日まで
 (2)申請先:自動車税種別割を管轄する県税事務所
 (3)申請に必要な書類
    ・自動車税等減免(還付)申請書
    ・商品中古自動車証明書
    ・当該自動車の自動車検査証又は登録事項等証明書の写し
    ・古物商許可証の写し


 詳しくは,各県税事務所にお問い合わせください。

問い合わせ先
県事務所名電話番号担当エリア
大河原県税事務所 0224-53-3113白石市,角田市,刈田郡,柴田郡,伊具郡
仙台南県税事務所022-248-2961仙台市太白区,名取市,岩沼市,亘理郡
仙台中央県税事務所022-715-0623仙台市青葉区及び宮城野区の一部,若林区 管轄区域の詳細
仙台北県税事務所022-275-9116仙台市青葉区及び宮城野区の一部,泉区,富谷市,黒川郡 管轄区域の詳細
塩釜県税事務所022-365-4191塩竈市,多賀城市,宮城郡
北部県税事務所0229-91-0705大崎市,栗原市,加美郡,遠田郡
北部県税事務所栗原地域事務所0228-22-2123栗原市(所管区域の県税の徴収事務及び自動車税種別割の賦課に限る。)
東部県税事務所0225-95-1413石巻市,登米市,東松島市,牡鹿郡
東部県税事務所登米地域事務所0220-22-6113登米市(所管区域の県税の徴収事務及び自動車税種別割の賦課に限る。)
気仙沼県税事務所0226-24-2531気仙沼市,本吉郡