ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政県税令和元年10月1日から自動車の税金が変わります

令和元年10月1日から自動車の税金が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

平成31年度税制改正により,令和元年10月1日から自動車税及び自動車取得税について制度が大きく変わります。

 

 【参考】 2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります(総務省)
     

          2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります(総務省・地方税共同機構作成リーフレット) [PDFファイル/1MB]

自動車税種別割の税率の引き下げ

  自動車税は「自動車税種別割」に名称が変更され,令和元年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用乗用車及びキャンピング車に限り,恒久的に自動車税種別割の税率(税額)が引き下げられます。

 

 令和元年9月30日以前に初回新規登録を受けた自動車に対しては,改正前の税率が引き続き適用されます。初回新規登録は,車検証に記載されている「初度登録年月」で御確認ください。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。 → 引き下げの対象となる自動車税種別割税率表 [PDFファイル/284KB]

 

自動車取得税の廃止・自動車税環境性能割の導入

  令和元年10月1日から,自動車取得税が廃止され,自動車の取得価額に燃費性能等に応じた税率を乗じた税額を自動車の購入時に納める「自動車税環境性能割」及び「軽自動車税環境性能割」が導入されます。

1.税率(税額)は燃費基準値達成度等に応じて決定し,新車,中古車を問わず,非課税,1%,2%及び3%の4段階を基本とします(営業車,軽自動車の税率は2%が上限です)。
  軽自動車税環境性能割は県税ではなく市町村税ですが,当分の間,県が賦課徴収することになります。

2.令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した自家用乗用車については,臨時的な措置として環境性能割の税率1%分が軽減されます。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。  → 自動車税環境性能割税率表 [PDFファイル/376KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)