ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

樽水ダムの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月25日更新

樽水ダムのプロフィール

ダムの概要

ダムの概要

ダム全景

名取川水系増田川は、名取市郊外の外山(標高314m)に源を発し、名取市市街地を貫流した後、広浦に合流し、閖上漁港から太平洋に注ぐ19.2km、流域面積54.6平方キロメートルの一級河川です。
増田川の河道は当時蛇行がはなはだしく、ほとんどが無堤地帯のため、出水のたびに各所で氾濫し、昭和19年、昭和23年、昭和25年、昭和33年当時の,大洪水は沿川住民に多大な被害を与えました。
一方、名取市は仙台市に隣接し、昭和38年に新産業都市に指定されたのに相まって、人口の増加に伴う住宅団地の造成が著しく、更に沿川地域の急激な発展は名取市上水道の需給均衡を圧迫するため、増田川総合開発事業の一環として、洪水調節、かんがい及び上水道の供給を行う多目的ダムである樽水ダムが計画されました。昭和35年度に予備調査を開始し、昭和40年度より増田川総合開発事業として国庫補助事業となり、更に実施調査期間、工事期間を経て、昭和52年3月に完成しました。

ダムの効果

洪水調節

ダム地点の計画高水流量170立方メートル/秒のうち、130立方メートル/秒をダムに貯留して洪水をおさえ、下流地域を水害から防護します。

流水の正常な機能の維持

増田川沿岸の既得かんがい用水(農業用水)の補給を行います。

上水道用水

名取市に、上水道用水として最大13,000立方メートル/日の取水を可能にします。

ダム・貯水池諸元

ダム諸元

  • 型式;中央コア型ロックフィルダム
  • 堤高;43.00m
  • 堤頂長;256.50m
  • 堤体積;550,800立方メートル
  • 計画高水量:170立方メートル/秒
  • 最大放流量;40立方メートル/秒
  • ダム天端高;EL64.0m
  • 放流設備;クレストローラーゲート2門(幅3.6m*高さ6.1m*2門),ホロージェットバルブφ1,000mm

貯水池諸元

  • 集水面積;9.70平方キロメートル
  • 湛水面積;0.41平方キロメートル
  • 総貯水容量;4,700,000立方メートル
  • 有効貯水容量;4,200,000立方メートル
  • 洪水調節容量;2,000,000立方メートル
  • 利水容量;2,200,000立方メートル
  • 最低水位;EL43.10m
  • 平常時最高貯水位(常時満水位);EL55.70m
  • 洪水時最高水位(サーチャージ水位);EL61.50m
  • 貯留準備水位(制限水位);なし

ダム標準断面図

標準断面図です