ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮床ダムの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月25日更新

宮床ダムのプロフィール

ダムの概要

ダムの概要

宮床ダム航空写真

鳴瀬川水系吉田川は、奥羽山脈船形連峰の泉ヶ岳に源を発し、大和町を流下し東松島市野蒜において鳴瀬川と合流する流域面積337平方キロメートル、流路延長52.6平方キロメートルの一級河川です。
吉田川流域は、いたる所に水田が開け、そのかんがい用水の殆どを本川に依存する豊かな穀倉地帯をなしていますが、昭和22年9月(カスリン台風)、昭和23年9月(アイオン台風)、昭和61年8月(台風10号)等、出水のたびごとに破堤氾濫し、甚大な被害を受けています。このため、河川改修とダムによる洪水調節により、本地域を洪水から防御するとともに、急増する都市用水とかんがい用水を確保するため、吉田川総合開発事業の一環として吉田川右支宮床川の黒川郡大和町摺萩地内に多目的ダムとして宮床ダムが計画されました。
宮床ダムは昭和48年度に予備調査を開始し、昭和54年度からの実施計画を経て、昭和57年度から建設工事に着手、平成9年3月に完成に至ったものです。

ダムの効果

洪水調節

ダム地点の計画高水流量290立方メートル/秒のうち、230立方メートル/秒を一時的にダムに貯留し、洪水をおさえ、下流地域を水害から防護します。

流水の正常な機能の維持

宮床川及び竹林川沿岸の既得かんがい用水(農業用水)の補給を行うとともに、降雨の少ないときでも川の水が無くならないようにします。

上水道用水

仙台市泉区に、上水道用水として最大10,000立方メートル/日の取水を可能にします。

ダム・貯水池諸元

ダム諸元

  • 形式;重力式コンクリートダム
  • 堤高;48.0m
  • 堤頂長;256.0m
  • 堤体積;280,000立方メートル
  • 計画高水量;290立方メートル/秒
  • 最大放流量;80m立方メートル/秒
  • ダム天端高;EL108.00m
  • 常用洪水吐;オリフィスによる,自然調節方式,幅4.2m*高3.5m*1門
  • 非常用洪水吐;クレスト自然越流,L=50.0m

貯水池諸元

  • 集水面積;10.8平方キロメートル
  • 湛水面積;0.43平方キロメートル
  • 総貯水容量;5,400千m立方メートル
  • 有効貯水容量;5,000千立方メートル
  • 洪水調節容量;2,000千立方メートル
  • 利水容量;3,000千立方メートル
  • 最低水位;EL79.50m
  • 平常時最高貯水位(常時満水位);EL98.00m
  • 洪水時最高水位(サーチャージ水位);EL 104.00m
  • 設計洪水位;EL106.00m

標準断面図

標準断面図です