ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

化女沼ダムの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月6日更新

ダム概要(漆沢ダム化女沼ダム上大沢ダム岩堂沢ダム二ツ石ダム

夏の化女沼ダムのパノラマ写真(H23.08.11撮影)
↑ 夏の化女沼ダムのパノラマ写真

関連情報

流域の概要と化女沼ダムの目的

 田尻川は,その源を宮城県大崎市岩出山に発し,大崎市古川をほぼ東方に流下し,涌谷町唐崎地点において江合川に合流する流域面積 77.2平方キロメートル,流路延長30.6kmの一級河川です。
田尻川下流部では,流下能力が小さい上,低湿地帯のため出水のたびに各所で氾濫し,昭和22年9月(カスリン台風),昭和23年9月(アイオン台風),昭和41年9月,昭和49年7月の洪水の際には甚大な被害を受けました。このため,昭和43年度に中小河川改修事業田尻川改良工事として,ダムの導水地点では上流山地部からの流出100立方メートル/sのうちダムにより90立方メートル/sを調節し,更に八反田放水路を開削して150立方メートル/sを処理すると共に,下流部は河道拡幅,築堤によって改修する計画が策定されました。
化女沼ダムは,この計画の基に田尻川の洪水調節と化女沼に依存していた農業用水の補給を目的とし,昭和55年度に着工し,総事業費153億円で平成8年3月に完成した治水ダムです。

化女沼ダム諸元

化女沼ダム洪水調節

化女沼ダム標準断面図
化女沼ダム標準断面図

化女沼ダム管理事務所

化女沼ダム管理事務所

化女沼ダム全景

化女沼ダム全景

↓冬の化女沼ダムのパノラマ写真
冬の化女沼ダムのパノラマ写真(H23.01.13撮影)