ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高次脳機能障害

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月25日更新

高次脳機能障害について

高次脳機能障害は,脳血管疾患や脳外傷等により,脳に損傷を受けたことが原因で起こる障害です。知覚・記憶・注意・学習・思考・判断などの認知機能の障害で,‘見えない障害’とも言われています。

高次脳機能障害者の方や家族を支援するために,以下のような事業を行っています。気になること,心配なことがありましたら,遠慮なくご相談ください。

高次脳機能障害者家族交流会の開催

年に数回,家族を対象とした交流会を行っています。家族同士の交流を通して,家族がゆとりをもって生活できるようになることを目的とします。

家族交流会 [Wordファイル/396KB]

個別相談の実施

本人,家族,関係者からの相談に,電話・面接・訪問等で保健師が対応します。保健福祉サービスについては,お住まいの市町(障害・介護保険担当窓口)で対応しておりますのでご相談ください。詳しくは下記のリーフレットをご覧下さい。

仙南圏域リーフレット(住民用) [Wordファイル/1.86MB]

仙南圏域リーフレット(支援者用) [Wordファイル/63KB]

 宮城県リハビリテーション支援センター巡回相談の活用

当保健福祉事務所を通じて,巡回相談の申し込みができます。

高次脳機能障害者支援事業について

宮城県リハビリテーション支援センターHP(リンク)