ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活の衛生

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

生活衛生に関すること

理・美容所,クリーニング所,旅館,公衆浴場及び興行場

理容所,美容所,クリーニング所,旅館,公衆浴場,及び興行場が衛生的に維持管理されるように監視指導を行っています。また,これらの営業を行う場合には知事の開設許可が必要であり,その事務を行っています。

開設許可の手続きについては,こちら(県食と暮らしの安全推進課ホームページ)をご確認下さい。

水道施設

安全で安心な飲料水が供給されるように,水道施設や受水槽水道等の監視指導を行っています。
また,5立方メートルを超える受水槽等を設置する場合には知事への届出が必要であり,その事務を行っています。

届出の手続きについては,こちら(県食と暮らしの安全推進課ホームページ)をご確認下さい。

特定建築物

デパート,旅館等の特定の用途に供される大規模な施設(延べ3,000平方メートル以上)が,環境衛生上良好な状態に維持されているか監視指導を行っています。
また、これらの施設を設置する場合は知事への届出が必要です。その届出事務を行うとともに、特定建築物の清掃等を行う事業者の登録事務を行っています。

届出の手続きについては,こちら(県食と暮らしの安全推進課ホームページ)をご確認下さい。

遊泳用プール

遊泳者が安全にかつ衛生的にプールを利用できるように監視指導を行っています。
また,プールの容積が概ね100立方メートル以上の施設は知事への届出が必要であり,その届出事務を行っています。

届出の手続きについては,こちら(県食と暮らしの安全推進課ホームページ)をご確認下さい。

申請書等のダウンロード

各種申請や届出の様式については,こちら(県食と暮らしの安全推進課ホームページ)からダウンロードできます。
上記にない様式については,仙南保健所獣疫薬事班(電話0224-53-3119)までお問い合わせ下さい。