ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報仙台家畜人工授精師と家畜商は免許が必要です

家畜人工授精師と家畜商は免許が必要です

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月28日更新

1.家畜人工授精師

家畜人工授精業務を行うには、家畜改良増殖法に基づく家畜人工授精師の資格が必要です。家畜人工授精師になるには、家畜人工授精師養成講習会の課程を修了しその修業試験に合格し、都道府県知事の免許を受けなければなりません。
宮城県では、毎年4~5月ごろに講習会の開催案内をしています。

家畜人工授精師免許について(畜産課)

2. 家畜商

家畜の取引業務を行うには、家畜商法に基づく家畜商の資格が必要です。家畜商になるには、家畜商講習会を受講し、都道府県知事の免許を受けなければなりません。
宮城県では、毎年11~12月ごろに講習会の開催案内をしています(開催しない年もあります)。

家畜商申請関係(畜産課)