ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

普及に移す技術第94号/普及技術5

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月25日更新

選択 矢印 一覧に戻る

普及技術5(平成30年度)

分類名〔病害虫〕

大麦リビングマルチを利用したキャベツのIPM体系(追補)

宮城県農業・園芸総合研究所

詳細はこちら(本文へ) [PDFファイル/474KB]

要 約

キャベツ秋冬作において, リビングマルチ(LM)と昆虫寄生性糸状菌製剤を併用することでチョウ目害虫に対してそれぞれ単独での使用に比べ高い防除効果が得られる。

表 キャベツ秋冬作におけるLMと微生物製剤を併用した防除体系
防除体系

農業系三場所に戻る


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)