トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 葉いもち感染好適条件の出現状況について

掲載日:2021年8月24日

ここから本文です。

葉いもち感染好適条件の出現状況について

令和3年度におけるBLASTAM(ブラスタム)による葉いもち感染好適条件の推定結果は,下記のファイルでご確認ください。

参考

BLASTAMについて

BLASTAM(ブラスタム)とは,アメダスデータを基に葉いもち感染好適日を推定するシステムモデルです。いもち病の胞子が発芽,感染するためには,次のような条件が必要です。

  1. 葉面湿潤時間が10時間以上
  2. 葉面湿潤時間中の平均気温が15℃~25℃
  3. 前5日間の平均気温が20℃~25℃

これら3つの条件が全て満たされると、いもち病が感染するのに好適な条件となります。
感染好適条件が連続して県内広域で出現した場合,約2週間後に葉いもちの発病の増加が始まります。ほ場を見回り発生に注意してください。

注意事項

BLASTAM(ブラスタム)によって,感染好適日又は準感染好適日が出現していなくても,ほ場の条件(風通し等)で感染に好適な条件となっている可能性があります。あくまで目安としてご利用ください。

お問い合わせ先

病害虫防除所予察班

仙台市青葉区堤通雨宮町4-17

電話番号:022-275-8982

ファックス番号:022-276-0429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は