ここから本文です。

インタビュー07_平間至さん

平間 至さん
写真家

No.06の動画No.08の動画

外に出て改めて感じた
宮城の魅力!
どんな人が来ても、
幸せな気持ちになれます。

1990年代に、「渋谷系」と呼ばれるジャンルが、
東京を中心に興りまして、
その渋谷系の人達というのは音楽、デザイン、写真というのを、
いい意味でミックスした新しい文化を創り出した時代でした。
その新しい文化が生まれたタイミングで、
僕もたくさん(ミュージシャンの)写真を撮らせていただきました。
とにかくたくさんの方々の写真を撮らせていただきましたね。
CDジャケットだと7~800枚ぐらい…。
安室奈美恵さんとか、SPEEDとか、たくさんの写真を撮りましたので…
当時、もっともCDの売り上げに貢献したかも知れません(笑)

これまでの人生の中で、
やはり震災を経験したことが自分の中で大きくて…
たくさんの命が(無残にも)損なわれていく中で、
自分に「何ができるか?」と考えたときに、
イキイキした人たち、イキイキした魂というものを、
しっかりと残していきたいと思って、2015年に東京に「平間写真館」をスタートさせました。
多くの人々の想い出を作る場所でありたいと思います。

高校までは地元(宮城県内)の高校に通いました。
そのときは、こんな街にいたら自分がダメになってしまう…と思っていました。
それで一度、大学入学を機に東京に出たのですが、
東京に出てみたら「あれ?意外に塩釜ってスゴかったんじゃないか?!」と(笑)

たとえば食べ物にしても、出てみて、
ほんとうの塩釜の価値に気付きました。
一度外に出た人が、その価値に気付いて、
何かしら地元に刺激を与えていく。
(より良い地域になる)きっかけを与えるというのが、
良い方法のひとつなのではないでしょうか。
それが「ガマロック」だったり、
「塩釜フォトフェス」だったりすると、すごく嬉しいですね。

平間さんのサプライズポイントは?

うちのおじいちゃんから教えてもらった、
秘密のスポットなのですが、「御殿崎」という場所があります。
七ヶ浜にあるのですが、
伊達政宗公が避暑地として利用していた場所なんです。
震災の数ヶ月前、ものすごい台風のときに、
この御殿崎を撮影したのですが、ここが僕のサブライズポイントですね。

宮城は「幸せになれるところ」。おいしいものがたくさんあって、
いいところも本当にたくさんあります。
どんな人が来ても、ぜったいに幸せになれます。
ぜひぜひ、宮城に来てください!

PICK UP!
侍°ズ(サプライズ)おすすめのモノ・場所をご紹介!

廻鮮寿司塩釜港

塩釜市は人口に対する寿司店の数が最も多い寿司店の大激戦区。
いずれも名店揃いなのですが、平間至さんのオススメは、なんと回転寿司!
地元に水揚げされる新鮮な旬の魚介類を多数取り揃え、
回転寿司の概念を超えたおいしさが楽しめます。
平間至さんは大友康平さんと一緒に、このお店のお寿司を食べたとか。

廻鮮寿司 塩釜港
【住所】宮城県塩竈市野田18-1
【アクセス】塩釜駅から徒歩5分
【電話】022-367-3838
【営業時間】11時00分~21時00分 定休日:無休

PROFILE
写真家 平間 至さん

1963年、宮城県塩竈市に生まれる。
日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。
躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、
写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。
近年では舞踊家の田中泯氏の「-場踊り-」シリーズをライフワークとし、
世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。
2006年よりゼラチンシルバーセッッションに参加、
2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。
2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、
多彩なワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。
2013年には、俳優・綾野剛写真集「胎響」(ワニブックス)や、
田中泯氏との写真集「Last Movement-最終の身振りへ向けて-」(博進堂)の発表と共に個展も行い、
大きな注目を集めた。2012年より塩竈にて、音楽フェスティバル「GAMA ROCK」主催。

SURPRISE SPOT
侍°ズ(サプライズ)オススメの宮城のスポットをご紹介!

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

御殿崎

国の特別名勝松島の最南端に位置し、
別名を鴻ヶ崎、平安時代には松ヶ浦島と呼ばれていました。
当時の歌会の題として取り上げられることもあるほど
多くの歌人の憧れの地であり、
清少納言の枕草子にも「みちのくの松ヶ浦島」との記載があります。
御殿崎の名は、伊達政宗がここを避暑地として選び
仮館を設けたことに始まるといわれ、歴代藩主らの遊覧の地でもありました。

【住所】
〒985-0812 宮城県宮城郡七ヶ浜町松ヶ浜浜屋敷
【駐車場】
あり(海水浴シーズンには有料の箇所有)
【アクセス】
バス/JR仙石線多賀城駅より汐見台団地行きに乗車15分、湊浜入り口下車 徒歩15分
車/産業道路、多賀城大代より七ヶ浜方面へ湊浜緑地海岸すぐ