ここから本文です。

サプライズ04 大沼 伸治さん

大沼 伸治さん
東鳴子温泉 旅館大沼 5代目 湯守

< No.03の動画 | No.05の動画 >

様々な課題が山積している時代だからこそ、
この鳴子の「湯治文化」に癒やされ、
元気を取り戻してください。

大沼旅館の写真

湯守として、昔からの「湯治」の文化を受け継いでいます。
湯治文化が、現在を生きる人達にどのようにお役立ちできるか?日々考えております。
この鳴子温泉郷の特徴として、周辺に豊かな自然があることが挙げられます。
「鬼首」(おにこうべ)に行けば雄大な「禿岳」(かむろだけ)を望めますし、
キャンプ場があったりスキー場があったり、
単なる観光地ではなく「居場所」として鳴子という地域を使っていただきたいと思います。

普段忙しい日々を過ごしていても「鳴子に行けばなんとかなる…」
「あの宿の湯に入ればなんとかなる…」
そんな“ピットストップ”のような存在になりたいですね。

オススメの温泉の楽しみ方もいろいろありますが、
ただ「ゆっくり温泉に入る」…というのは当たり前。
そこを「仕事の場所」として使っていただいたり、
その方なりに様々に活用していただきたいです。
コロナ禍の今でこそ、「ワーケーション」が、
新しい働き方として注目されていますが、
私どもは2008年から「ワーケーション」を提案しています。

(今ご覧いただいている)この場所は、
実は昔の宴会場だったところです。
畳敷きの宴会場だったのですが、
動きやすいよう天然木のフローリングとしたり、
近隣の山から伐採した木で大きな会議テーブルをつくったり、
Wi-Fiの速度を上げたり・・・快適に働くことのできる環境を整えました。
この鳴子温泉にいても、世界の最先端の情報に触れ、仕事ができる。
しかも温泉に入りながら…すごいでしょう!
「温泉のある場所」というのは、
本当に無限の可能性があると思っています。

そして鳴子に来たら、ぜひ足を延ばしていただきたいのが…
まさに鳴子の起源とも言うべき場所なのですが…
「潟沼」(かたぬま)という沼なんです。
紀元837年、鳴子温泉ができるきっかけとなる
火山の爆発があったと伝えられていますが、そのときにできた火口湖が「潟沼」(かたぬま)。
ここに行かれた方はかなり印象に残るのではないでしょうか?
そのぐらい神秘的な場所、パワースポットでもあります。

宮城県を楽しむ心得は「湯に流す」

宮城には、たくさん良い温泉があります。
仕事の疲れ、ストレス、ぜんぶ宮城の温泉に来て、
「湯に流して」ください!

スッキリしますよ♪

PICK UP!
侍°ズ(サプライズ)おすすめのモノ・場所をご紹介!

旅館大沼 ワーケーションスペース

旅館大沼 ワーケーションスペースの写真

新しい「湯治」のあり方を模索し可能性を開拓している旅館大沼では、心も体も癒える湯治ワーク体験ができる。
全館高速Wi-Fi完備、モニターの貸し出しも可。
※ワーケーションスペースの利用は宿泊客限定

【住所】〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34
【電話】0229-83-3052(代)
「旅館大沼」のウェブサイトはこちら

PROFILE
楽百年ゆ宿 旅館大沼 5代目 湯守 大沼 伸治さん

日本に存在する11の泉質のうち9種類もの泉質が楽しめる鳴子温泉郷。
1200年という歴史を誇る温泉郷において、120年続く老舗湯治宿の5代目湯守を務める。
日本古来の湯治文化を次代につないでいくため、地域と連携した新しい取り組みを行っている。

SURPRISE SPOT
侍°ズ(サプライズ)オススメの宮城のスポットをご紹介!

Google Mapを見る(外部サイトへリンク)

潟沼(かたぬま)

【約1200年前に火山の噴火でできたカルデラ湖「潟沼」(かたぬま)。
別名「龍神湖」とも称され龍神伝説も残る神秘的な湖。
かなりの強酸性のため魚や生物は生息していませんが、
天候によってエメラルドグリーンやブルーと色を変える神秘的な風景は一見の価値あり。
もっと自然を肌で感じたい方は、SUP体験などのアクティビティもオススメ。

【住所】宮城県大崎市鳴子温泉湯元69
【休業日】11月下旬~4月下旬は冬季閉鎖
【駐車場】あり
【アクセス】●東北自動車道 古川ICより約45分
●JR陸羽東線鳴子温泉駅より車で約10分