トップページ > 震災復興・伝承 > 震災・復興 > 震災・復興 > 住宅 > 宮城県災害公営住宅設計標準

掲載日:2013年10月21日

ここから本文です。

宮城県災害公営住宅設計標準

「宮城県災害公営住宅設計標準」(改訂履歴)
平成24年7月18日策定本文(PDF:1,173KB)
平成25年4月改訂本文(PDF:765KB)
平成25年10月改訂本文(PDF:365KB)

宮城県災害公営住宅設計標準の概要

災害公営住宅の設計を行うにあたって必要な事項を定め,また,関連する根拠法令を包括的にまとめることにより,業務の円滑,かつ,適正な執行を図ることを目的としています。

宮城県内で整備を行う災害公営住宅に適用します。なお,市町村の方針や地域等における実情,または制度,運用による実情があるものについては,市町村の方針等によります。

第1章 総則(PDF:111KB)

  • 1.1 目的
  • 1.2 適用範囲
  • 1.3 基本方針
  • 1.4 適用基準
  • 1.5 併存施設(災害公営住宅と管理が異なる施設)への適用

第2章 配置計画(PDF:175KB)

  • 2.1 住棟及び付帯施設等の配置

第3章 住棟計画(PDF:348KB)

  • 3.1 基本的事項
  • 3.2 基本的性能
  • 3.3 建築(共用部分)
  • 3.4 建築(専用部分)
  • 3.5 電気設備
  • 3.6 機械設備

お問い合わせ先

住宅課 

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は