ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ震災・復興宮城県災害公営住宅設計標準

宮城県災害公営住宅設計標準

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月21日更新

宮城県災害公営住宅設計標準

「宮城県災害公営住宅設計標準」(改訂履歴)
平成24年7月18日策定 本文 [PDFファイル/1.14MB]
平成25年4月改訂 本文 [PDFファイル/765KB]
平成25年10月改訂 本文 [PDFファイル/365KB]

宮城県災害公営住宅設計標準の概要

 災害公営住宅の設計を行うにあたって必要な事項を定め,また,関連する根拠法令を包括的にまとめることにより,業務の円滑,かつ,適正な執行を図ることを目的としています。

 宮城県内で整備を行う災害公営住宅に適用します。なお,市町村の方針や地域等における実情,または制度,運用による実情があるものについては,市町村の方針等によります。

第1章 総則 [PDFファイル/111KB]

  • 1.1 目的
  • 1.2 適用範囲
  • 1.3 基本方針
  • 1.4 適用基準
  • 1.5 併存施設(災害公営住宅と管理が異なる施設)への適用

第2章 配置計画 [PDFファイル/175KB]

  • 2.1 住棟及び付帯施設等の配置

第3章 住棟計画 [PDFファイル/348KB]

  • 3.1 基本的事項
  • 3.2 基本的性能
  • 3.3 建築(共用部分)
  • 3.4 建築(専用部分)
  • 3.5 電気設備
  • 3.6 機械設備

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)