ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > ワークショップ|平成31年度 ワークショップ

ワークショップ|平成31年度 ワークショップ

▼ワークショップ | どようびキッズ・プログラム | 公開制作 | 特別展関連  | 活動の記録

平成31年度 ワークショップ

創作のためのイメージを広げたり、素材にふれたりできる、様々なテーマのワークショップを実施します。
これから創作活動に取り組んでみたい方、すでに創作活動をしている方など、ぜひご参加ください。

絵画の練習 室内風景から抽象へ

静物と風景の間で室内は複雑な空間構成を持ちえます。内と外、描いている絵と描かれる絵。マチスの作品を参考に、その複雑な空間を単純化して、でも豊かな絵画空間を探してみます。コラージュを主に使い描きます。

 

日 時: 2019年4月13日(土) 、4月14日(日)  10時~16時   2日間連続
対 象: 16歳以上
定 員: 15名 先着順
準備物:  クロッキーブック、メモの用具、絵画制作が可能な服装、昼食
            コラージュできる各種素材 (持っていたら)水彩用具一式、パステル用具一式、ドローイング用具
             基本的な用具・材料については創作室で準備いたします。
参加費: 無料
担 当: 大嶋貴明 (当館教育普及部学芸員)
会 場: 創作室2
申込方法: 事前に電話もしくは創作室まで直接お申し込みください。 (Tel 022-221-2114)
申込開始日: 3月1日(金)

抽象を撮る ―写真表現の可能性―

写真は見たままを写し出すように思われがちですが、立体ではなく平面であり、写し出す情景には四角い範囲(構図)があるなど明確な違いがあります。撮影を通して、現実を別のイメージに変化させていく作品を作り、自分なりの「抽象表現」を突き詰めていきます。

 


日  時: 2019年5月25日(土)  、5月26日(日)  10時~15時  2日間連続
対  象: 16歳以上
定  員: 15名 先着順
準備物: デジタルカメラ(コンパクトカメラ・一眼レフどちらでも可)  SDカード ※携帯、スマートフォンのカメラは不可
            (持っていたら)クロッキーブック 昼食
参加費: 無料
担  当:  鈴木雅之(当館教育普及部職員) 、松崎なつひ(当館教育普及部学芸員)
会  場:  創作室2 他
申込方法:  事前に電話もしくは創作室まで直接お申し込みください。 (Tel 022-221-2114)
申込開始日:4月2日(火) ※定員に達しました

年間スケジュール

年間スケジュール
日程タイトル申込開始日(予定)

2019年4月13日(土)、14日(日)

絵画の練習 室内風景から抽象へ

3月1日(金)
2019年5月25日(土)、26日(日)    

抽象を撮る―写真表現の可能性―

4月2日(火)
2019年6月15日(土)、16日(日)

絵の色―絵具の層をつくる

5月1日(水)
2019年7月27日(土)、28日(日)

日本画の一局面―「写生」再考

6月1日(土)
2019年9月14日(土)、15日(日)

立体と彫刻 見る空間・占める空間

8月1日(木)
2019年10月6日(日)、11月10日(日)、11月30日(土)ほか12日間程度

石膏蝋型鋳造―手ひねり蝋からブロンズへ

申込方法は決まり次第お知らせします。
2019年12月14日(土)、15日(日) 

塊 イメージ生成へ

11月1日(金)

A日程:2020年1月26日(日)、3月22日(日)
B日程:2020年1月28日(火)、3月24日(火)

はじめての木工

12月1日(日)

2月中を予定(日程は決まり次第お知らせします)

線を探る―ドローイング(仮称)1月8日(水)

※テーマ、スケジュールは変更の可能性があります。

※8月は高校生を対象としたワークショップを行うため、通常のワークショップはお休みです。高校生ワークショップの詳細は決まり次第お知らせします。

過去の公開講座