ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ワークショップ|公開制作

ワークショップどようびキッズ・プログラム|▼ 公開制作 |特別展関連

平成29年度 公開制作

瀬戸典彦 公開制作 「関係・交換/移動の美術2」

 花を愛でる―日本で咲く5つの花

作 家:東北生活文化大学生活美術学科教授 瀬戸典彦(美術家)

作家紹介・略歴   1959年 仙台市生まれ
             1985年 サン・ディエゴ州立大学美術学部修士課程修了
             現在 東北生活文化大学生活美術学科教授

作 品:《日本で咲く5つの花》 花壇状インスタレーション(スノコ状板・物体・植物)

6メートル×9メートル (オブジェをプランターとして、5種類の植物が生育し、花をつけていたりする。)

ワークショップ

作品展示:6月27日(火)まで
作品撤収:6月28日(水)午前

県民大学

 2016年12月から2017年3月5日まで公開制作「関係・交換/移動の美術 瀬戸典彦」おこない、瀬戸典彦さんによって4点の参加型インスタレーションが作られました。その1点《日本で咲く5つの花》はシャニダール遺跡から発掘された8種の植物の中から日本で栽培可能な5種を選び、創作室テラスに設置された有名現代美術作品のパロディ/オマージュとなるようなオブジェをプランターとして参加者を募って植え込まれました。今回は、植え込まれた花が冬を乗り切り、順次芽吹き、咲いていくなかで、咲いた花を愛でながら、ワークショップをおこなう予定です。このワークショップでは、その場を楽しみながら、直接的な事物だけではなくイマジネーション領域にも広がっている作品のあり方に思いをはせてみます。

ワークショップ 花を愛でる―日本で咲く5つの花
講 師瀬戸典彦
日 時6月11日 (日) 10時00分~13時00分
会 場創作室2,創作室テラス
料 金無料
申 込不要

公開制作についてのお問い合わせ

宮城県美術館教育普及部(022-221-2114)
もしくは直接創作室まで。

過去の公開制作