ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > ワークショップ|平成24年度公開講座(おとなの図工)

ワークショップ|平成24年度公開講座(おとなの図工)

美術探検 美術館探検 公開制作 公開講座 特別展関連 その他

公開講座:「おとなの図工」

   オープンアトリエ(創作室)を使って、自分のペースで制作ができます。主に偶数月第3日曜日に、実技と鑑賞のワークショップを行います。制作を通して参加者同士の交流を深め、自分のアートの世界を広げるきっかけにもなります。初めての方も気軽に参加してください。 

 

 

 

おとなの図工 12月・1月:
「メタルレリーフをつくる」

おとなの図工 12月1日月 受講者作品

おとなの図工 12月・1月:「メタルレリーフをつくる」
日時 :12 月 15 日 (土曜日) 10時00分―16時00分
 1 月 19 日 (土曜日) 10時00分―16時00分
内容 :佐藤 忠良 さんが制作した小さなレリーフによるアクセサリー作品を参考に、低融点合金による鋳造でアクセサリーやペーパーウェイトなどをつくります。2回連続の講座で、両日とも参加できる方が対象となります。
講師 :高橋 勉(工芸家)
定員 :20 名
対象 :18歳以上
準備物 :制作する作品のスケッチ等
材料費 :2,000 円
集合場所:創作室 1
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

おとなの図工 11月:
「齋とめぐる美術探検」

齋とめぐる美術探険

おとなの図工 11月:「齋とめぐる美術探検」
日時 :11 月 17 日 (土曜日) 13時00分―16時00分
 内容 :常設展の作品を中心に美術館内を見てまわりながら、美術の楽しみ方や美術館の役割について考えるギャラリートークです。
 講師 :齋 正弘(当館職員)
定員 :15 名
対象 :18歳以上
準備物 :常設展観覧券
集合場所:創作室 2
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

おとなの図工 10月:
「日本画を楽しむ」

日本画制作プロセスの一例
日本画制作プロセスの一例

おとなの図工 10月:「日本画を楽しむ」
日時:10 月 20 日 (土曜日) 10時00分―16時00分
 内容:東山魁夷展の作品を鑑賞し、日本画の基礎的な技法を体験します。日本画を楽しむための、鑑賞と表現の講座です。
講師:峠 辰夫(日本画家)
定員:20 名
対象:18歳以上
準備物:特別展「東山魁夷展」の観覧券
日本画にしたいスケッチまたは写真(18cm×14cm程度)
材料費:1,000 円
集合場所:創作室 2
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

おとなの図工9月:
「子どもの絵から」

松本竣介《象》ca.1943-46 神奈川県立近代美術館蔵
松本竣介 《象》 ca.1943-46 
神奈川県立近代美術館蔵 

おとなの図工9月:「子どもの絵から」
 日時:9 月 15 日 (土曜日) 13時00分?16時00分
(鑑賞とレクチャー)
以降は創作室を使って、1ヶ月をめどに各自の計画で制作します。
内容:小さな子どもが描いた絵は、自由奔放で魅力的なものです。松本竣介は子どもの絵をもとに数々の作品を制作しました。松本竣介の作品を鑑賞した上で、子どもの絵から発想を広げて、アクリルによる絵画制作をします。9月15日は表現の導入としてレクチャーを行います。
その後の制作は、創作室をアトリエに、スタッフと相談しながら、各自の計画で進めていきます。鑑賞と制作のきっかけを提供する講座です。
講師:教育普及部スタッフ
定員:10 名
対象:18歳以上
準備物:小さなお子さんが描いた絵
材料費:1,000円程度
集合場所:各日とも 創作室 2
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

おとなの図工7月:
「眼差しの研究 ―お笑い目線―」

お笑い目線

おとなの図工7月:「眼差しの研究 ―お笑い目線―」
内容:名画における目の表情から、様々な感情について考えます。笑いとビックリも体験するワークショップです。
 担当:当館教育普及部スタッフ
日時:7月21日(土曜日)午後1時~午後4時
定員:10名
対象:18歳以上
準備物:デジカメとパソコン取り込み用ケーブル
材料費:200 円
会場:創作室2に集合
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

おとなの図工6月:
「身近なものを見つめて―見ること・発見すること」

クリスティーナの世界習作

A. ワイエス
《クリスティーナの世界》習作
1948年
丸沼芸術の森蔵
Study for “Christina’s World”
©Andrew Wyeth

おとなの図工6月:「身近なものを見つめて―見ること・発見すること」
 内容:アンドリュー・ワイエスの作品鑑賞から対象の見方・感じ方を探り、創作室を使って各自の計画で水彩画を制作します。表現を通して見ること・発見することを探る講座です。
担当:当館教育普及部スタッフ
日時:6月16日(土曜日)午後1時~午後4時
定員:10名
対象:18歳以上
材料費:1,000 円
(このほかワイエス展の観覧券が必要になります)
会場:創作室2に集合
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

おとなの図工5月:
 「泥ドローイング」

泥ドローイング試作
泥ドローイング試作

おとなの図工5月:「泥ドローイング」
内容:土、粘土、砂を絵の材料として使うとどんな表現ができるか探ってみます。
 担当:当館教育普及部スタッフ
日時:5月19日(土曜日)午後1時~午後4時
定員:20名
対象:18歳以上
材料費:200 円
準備物:居住地周辺の土や砂を少々
会場:創作室2に集合
お申込み:事前に創作室(022-221-2114)まで電話でお申込み下さい。

過去の公開講座