トップページ > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者支援 > 注意喚起 > 国勢調査を装った不審な電話や訪問に注意!

掲載日:2021年12月1日

ここから本文です。

国勢調査を装った不審な電話や訪問に注意!

今年は、5年に1度の「国勢調査」が行われる年です。国勢調査の調査員をかたって、個人情報等を聞き出す「かたり調査」が発生する恐れがあります。不審な電話や訪問には十分に注意しましょう。

相談事例

  • 「国勢調査」と名乗る電話があり、銀行口座や預金額などについて聞かれた。
  • 女性の声の自動音声テープにより国勢調査をかたった電話があり、家族構成などを聞かれた。

アドバイス

  • 国勢調査では、調査員が電話で直接、個人情報や預金額等を聞くことはありません。
  • 公的機関等をかたり、家族構成や資産状況等を聞き出そうとする「アポ電」の可能性もあります。このような電話は、すぐに切りましょう。
  • 着信番号通知や留守電の録音機能を活用し、誰からの電話か分かったうえで電話に出るようにし、トラブルを未然に防ぎましょう。
  • 国勢調査に関する不審な電話があったときには、お住まいの市区町村の国勢調査担当や、最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。
  • 国勢調査の調査員は、その身分を証明する「調査員証」を携帯しています。

お問い合わせ先

消費生活・文化課消費生活センター

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号13階北側

電話番号:022-261-5161

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は