ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山形県との連携・交流

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月2日更新

1 宮城・山形の連携に関する基本構想

「未来を共に創る 新MYハーモニープラン」(平成30年3月策定)

 宮城・山形両県では、両県の連携によって、未来に向けて活力と魅力にあふれた宮城・山形地域を創っていくために、目指すべき将来像やその実現に向けた施策の展開方向などを取りまとめた基本構想「みらい創造!MYハーモニープラン」を平成19年3月に策定し、連携を推進してきました。

 構想の策定から10年が経過し、両県を取り巻く社会情勢の変化等から顕在化した課題の解決や新たな価値の創造に向けて、両県の連携した取組を一層強化していくため、このたび新たな基本構想「未来を共に創る 新MYハーモニープラン」を策定しました。

旧プラン 「みらい創造!MYハーモニープラン」(平成19年3月策定)

 構想策定から10年が経過したことから、両県において、これまでの連携の取組状況を総括しました。

2 宮城・山形未来創造会議

 宮城・山形の一体的な圏域の形成を目指し,基本構想を推進するため,官民連携した推進組織として設立しました。

設置年月日

平成19年11月

構成団体

宮城県商工会議所連合会,山形県商工会議所連合会,一般社団法人東北経済連合会,仙台市,山形市,山形県,宮城県

役員(令和2年度)

会長:山形県商工会議所連合会常任理事

副会長:山形県みらい企画創造部長,山形市企画調整部長

監事:宮城県商工会議所連合会常任幹事,宮城県震災復興・企画部長

宮城県及び山形県の連携に関する主な取組状況について

平成30年3月に策定した「新 宮城・山形の連携に関する基本構想 未来を共に創る 新MYハーモニープラン」では,これまでの成果や課題,両県を取り巻く社会経済情勢の変化,新たな連携の芽や可能性等を踏まえて「施策の4つの柱」を掲げ,それぞれの柱に沿って各般の施策を両県が連携し進めています。

令和元年度の主な連携取組はこちらをご覧ください。

宮城県及び山形県の連携に関する主な取組状況について(令和元年度) [PDFファイル/201KB]

宮城県及び山形県の連携に関する取組状況一覧(令和元年度) [PDFファイル/244KB]

 

3 宮城・山形若者未来創造フォーラム 

 基本構想「未来を共に創る 新MYハーモニープラン」の柱の一つでは,「相互の助け合いのもと,安心・安全で,多様な人材が活躍する「地域・暮らし」の実現」を掲げ,特に両県の若者の交流活動を更に拡大し,地方創生を担っていく人材の育成を図ることとしております。

 この構想の実現に向けて,宮城・山形において若者が「豊かな暮らし・働き方」を叶えるには何が必要か,どうすれば実現できるのかを議論し,その結果を次年度以降の取組へ活かしていくことを目的として,両県の大学生・若手社会人を対象に「宮城・山形若者未来創造フォーラム」を開催しています。

 令和元年度の実施結果はこちらをご覧ください。

 また,令和2年度については,自分達が暮らす地域や隣県についてより深く知り、交流を深めることで、地元への若者の定着に資することを目的として、両県の大学生等・若手社会人を対象に「宮城・山形若者交流バスツアー」を開催しました。

 令和2年度の実施結果はこちらをご覧ください。 (山形県企画調整課のホームページへ)

4 みやぎ・やまがた連携ネットワーク

 宮城・山形両県の連携・交流活動団体によるネットワークです。加入団体間の情報交換や宮城・山形両県の連携交流に関する情報発信等のため,フェイスブックの開設や,交流会の開催を行っています。加入団体等については,随時募集中です。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)