ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業早期復興プロジェクト

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

農業早期復興プロジェクト

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災により,本県の太平洋沿岸地帯の農業は多大な被害を被り,早急な農業復興対策の提示・実施が必要となっています。
 このため,県内農業試験研究機関(農業・園芸総合研究所,古川農業試験場,畜産試験場)は互いに連携し,現在もてる調査・技術開発等に関するノウハウを最大限に発揮し,被災地域農業の早期復興に向けた技術等の早急な提示を目的に,プロジェクト研究「農業の早期復興に向けた試験研究機関連携プロジェクト(農業早期復興プロジェクト)」に取り組んでいます。

農業早期復興プロジェクト表
   計画 実績











矢印海水流入農地の
実態把握と
早期改善
矢印堆積泥土(土砂)調査矢印海水流入農地における堆積物の影響把握
矢印園芸土壌調査矢印畑作地における塩類濃度の推移
電気伝導度からの塩素濃度の推定法の検討
塩害土壌における土壌微生物測定
矢印塩素濃度の簡易分析法の検討矢印RQフレックス,カーディーによる簡易分析
土壌塩分検知管,カンタブによる簡易分析
矢印除塩効果確認試験矢印現地試験・水田ほ場における検討
現地試験・イチゴほ場における検討
資材効果確認試験
矢印地下水の塩害対策矢印逆浸透膜を利用した栽培用水の確保
矢印津波被災水田の
実態調査と
除塩法・
栽培管理技術の
確立
矢印各種緊急調査を基にしたほ場条件による効率的な除塩方法矢印各種緊急調査を基にしたほ場条件による効率的な除塩方法
暗渠排水を利用した除塩方法の確立
矢印土壌塩分濃度が作物生育に及ぼす影響評価矢印土壌塩分濃度が作物生育に及ぼす影響評価(水稲)
土壌塩分濃度が作物生育に及ぼす影響評価(大豆)
矢印津波堆積物窒素の評価と水稲施肥管理技術の確立矢印津波堆積物窒素の評価と水稲施肥管理技術の確立
矢印水稲除塩作業時における石灰質資材施用の評価矢印水稲除塩作業時における石灰質資材施用の評価
矢印除塩ほ場における土壌塩分濃度と作物生育への影響矢印除塩ほ場における土壌塩分濃度と作物生育への影響
矢印被災水田における病害虫・雑草の発生状況調査矢印雑草対策
病害虫の発生状況調査
矢印耐塩性作物による
早期経営改善対策
矢印県水稲奨励品種の耐塩性評価と耐塩性水稲品種の開発矢印県水稲奨励品種の耐塩性評価と耐塩性水稲品種の開発
矢印耐塩性転作作物の検証矢印棉花
ワタ(花き)
矢印塩分が及ぼす園芸作物への影響把握矢印野菜類の耐塩性
花き類の耐塩性
ブルーベリーの耐塩性
矢印海水流入土壌における園芸作物の反応矢印海水流入農地における病害発生状況調査
海水流入がハクサイ根こぶ病に及ぼす影響
矢印耕種的方法による生育改善効果の確認矢印トマトに及ぼす影響
トマトの萎凋症状等の調査
除塩後の有機物施用効果
除塩効果のあるアイスプラントの混植効果
除塩効果のあるアイスプラントの栽植密度
矢印現地試験における除塩処理後の施肥方法の検討と生育確認矢印岩沼市,仙台市,南三陸町における野菜栽培現地試験
海水流入ほ場に特有なクラストの発生抑制技術
矢印現場に適した
技術開発による
産地の復興支援
矢印産地復興に向けた新たな技術等の開発矢印簡易ベンチやポット等を利用した園芸作物の少量培地栽培技術の開発(イチゴ)
簡易ベンチやポット等を利用した園芸作物の少量培地栽培技術の開発(トマト)
イチゴ苗の増殖
矢印ハマボウフウの地域特産化に向けた安定生産技術の確立矢印播種・育苗方法の検討
矢印被害地域における
農業経営の
実態調査と
地域農業
再生支援
矢印被害地域における農業経営体の実態調査矢印被災地域の農業経営体の事例調査
被災地域の農業経営体へのアンケート調査
矢印作物導入等に係る経営試算矢印作物導入等に係る経営試算

リンク集

宮城県

被害状況等

技術情報等

支援窓口等

農林水産省

復興へ頑張ろう!みやぎロゴ

更新履歴

  • 平成24年3月29日
    2月22日に開催した「農業の早期復興に向けた試験研究成果報告会」での報告情報を掲載しました。
  • 平成24年1月13日
    11月21日に開催した「農業の早期復興に向けた試験研究連携プロジェクト中間報告会」での報告情報を掲載しました。
  • 平成23年11月7日
    「海水流入農地の堆積土砂調査」,「県内の園芸産地における塩害土壌調査」,「イチゴ栽培予定地における除塩現地実証試験」,「野菜・花き類の耐塩性試験」,「イチゴ栽培再開に必要な「もういっこ」苗の増殖」,「少量培地栽培技術の開発」の情報を掲載しました。
  • 平成23年10月26日
    「塩害土壌の塩素濃度とECの関係に関する調査結果」の情報を掲載しました。
  • 平成23年9月20日
    「除塩実証ほ設置」,「野菜・花き類の耐塩性試験」,「塩害回避を目指した小果樹類の栽培技術の開発」,「被災農業経営体の事例調査結果」の情報を掲載しました。

※今後、随時、情報を公開していきます。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)