ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成24年度研修員受入

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月14日更新

平成24年度研修員受入

 宮城県は,平成22年度からアフリカ・マラウイ共和国にJICA青年海外協力隊員として現職派遣をしています。隊員活動と連携し同国の灌漑技術向上を支援するため,平成23年度からJICA草の根技術協力事業(地域提案型)を活用したマラウイ国農業水利人材育成支援事業を実施しています。

 この事業の一環として,平成24年7月6日から8月6日にかけての1ヶ月間,マラウイ共和国デッザ県灌漑事務所に所属する2名の灌漑技術者を研修員として宮城県に受け入れました。

 今回の研修では,県内各地に研修場所を設定し,事業計画の進め方や測量,施設設計,施工管理等を実習したほか,土地改良区による農業用水管理・維持修繕等について学んでもらいました。研修で習得した技術が,マラウイ共和国の灌漑施設の整備や管理に活かされることを期待します。

計画の進め方 事業計画作成についての講義

設計 取水堰のコンピュータによる設計実習

レベル 測量機器実習

測量 取水堰の測量実習

ダム視察 ダム視察

ポンプ ポンプ場視察