ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成24年度専門家派遣

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月14日更新

平成24年度専門家派遣

 平成25年1月10日から21日までの12日間,宮城県からマラウイ共和国へ専門家4名を派遣しました。今回の派遣は,事業開始後最初の派遣であり,平成23年度から開始した草の根事業の中間時期を迎えたことから,これまでの実施状況を確認するため中間モニタリング調査も兼ねて実施しました。

 マラウイは雨期の最中ではありましたが,予定どおり現場に行くことができ,灌漑施設等の視察及び農家の方々との意見交換を行いました。また,マラウイの灌漑技術者,農業普及員33名を対象に技術移転セミナーを開催し,宮城県側からは「プロジェクトの概要」や「宮城県における灌漑手法」について講義を行いました。マラウイ側からは「マラウイの灌漑開発の状況及び宮城県での研修報告」について発表があり,活発な質疑・意見が交わされました。

 中間モニタリング調査の結果は,当初の計画に対して概ね予定どおりの成果を得られており,プロジェクト後半についても予定どおり進めていくことを,マラウイ側カウンターパートと合意し,メモランダム(覚書)を取り交わしました。また,草の根活動に活用するため,宮城県から車両(中古の公用車)1台を供与することとなり,その目録を贈呈しました。

 今回の専門家派遣は,マラウイ政府及びJICAをはじめ関係機関の多大なご協力のお陰で,無事予定どおり終了することができました。また,マラウイ共和国水開発・灌漑省次官から宮城県知事あてに,プロジェクトの継続及びJOCVの活動に対して感謝状をいただきました。
    

灌漑施設の視察 灌漑施設の視察

農家との意見交換 農家との意見交換

現地セミナー 現地セミナー

表敬訪問 水開発・灌漑省表敬訪問

目録贈呈 供与車輌目録贈呈