ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

今年も鑑別作業が始まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月16日更新

 気温の低い日が次第に増え、船形山もだんだんと秋の気配が色濃くなってきました。

 秋本番となる10月以降に本格化する採卵の準備でもある、鑑別作業を行いました。

 鑑別作業とは、採卵を予定している飼育魚の腹を1尾ずつ指で少し押して、成熟具合を確認することをいいます。

 腹を押して卵や精子がこぼれれば、成熟している合図です。

 

 今季初めての鑑別作業は、当場で飼育しているイワナ成魚で行いました。

 今回はまだ成熟した魚はいませんでしたが、今後も週に何度か鑑別作業を行い、成熟が確認され次第、採卵作業が始まります。
 

  イワナの鑑別作業の写真

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。