掲載日:2022年7月20日

ここから本文です。

青少年健全育成条例

青少年健全育成条例・青少年健全育成条例施行規則の一部を改正しました

1改正の趣旨

青少年の健全な育成を図ることを目的として,昭和35年から青少年保護条例(平成17年3月に,青少年健全育成条例に改称)を施行してきました。
本条例における青少年の定義につきましては,条例制定当時から「6歳以上18歳未満の者(婚姻により成年に達したものとみなされる者を除く)をいう。」と規定しています。
しかしながら,青少年を取り巻く環境の変化等により,6歳未満の者に対しても健全な育成を阻害する行為による影響が少なくない状況になっていることや民法改正により成年年齢が引き下げられることなどにより,県では,青少年健全育成条例の一部を改正し,青少年の定義を「18歳未満の者」としました。

2公布日

令和4年3月25日

3施行日

令和4年4月1日等

4改正の概要

5条文など

6青少年健全育成条例のあらまし

青少年健全育成条例のあらまし青少年健全育成条例のあらまし(PDF:3,217KB)

青少年育成班トップページへ

お問い合わせ先

共同参画社会推進課青少年育成班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号13階南側

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は