ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

受動喫煙防止のため敷地内禁煙にご協力下さい!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月22日更新

たばこには200種類以上の有害な物質が含まれており,それらは癌・心臓病などの様々な病気の危険因子になることが明らかとなっています。また,たばこを吸わない人でも周囲からたばこの煙を吸わされる受動喫煙も,健康にも大きな影響を及ぼすことも分かっています。「たばこと健康

宮城県では『めざせ!受動喫煙ゼロ』をスローガンとして「宮城県受動喫煙防止ガイドライン」を作成し,受動喫煙の防止に取り組んでいます。

5月31日は,「世界禁煙デー」です。

平成27年5月31日より気仙沼保健福祉事務所では敷地内禁煙となります。

来庁者の皆様も敷地内禁煙にご協力ください。

力をあわせて受動喫煙防止を進めていきましょう!

むすび丸の禁煙啓発イラスト

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。