掲載日:2012年10月19日

ここから本文です。

仙台塩釜港塩釜港区

仙台塩釜港 塩釜港区(国際拠点港湾)

塩釜港区プロフィール

塩釜港区は、奈良時代にその歴史が始まると伝えられ、藩政時代には藩主伊達政宗公により港の整備が進み、四代綱村公の特別保護策のもとに繁栄をみました。明治維新後、特別保護策の廃止により衰微しましたが、明治15年修築工事が開始され、同43年の第2種重要港湾の指定、昭和9年の開港指定等を経て、今日の港の基礎が形成され港勢も急速に発展しました。
その後、戦時中に一時港湾機能が低下しましたが、昭和25年の港湾法制定に伴い同26年重要港湾に指定され、同30年2月に承認を受けた港湾計画に基づき、同44年までに、主に貞山埠頭の岸壁、桟橋、上屋等の整備が進みました。
また、東宮地区においても港湾施設と臨海企業団地の整備が進められ、現在主要係留施設としては、公共埠頭が24バース(-4.0~ -9.0m)、専用埠頭が11バース(-5.5~ -7.5m)となっています。
しかしながら、当港区は、浅海域にある狭隘な港で、岸壁の大型化が進まないのに加え、施設が老朽化してきたため、港湾の再開発により内貿機能の強化を図ることとしており、その先導的施設として、塩釜港旅客ターミナル「マリンゲート塩釜(外部サイトへリンク)」が平成8年7月にオープンしたところです。
平成13年4月には、東北地方初の特定重要港湾(平成23年4月の法改正により国際拠点港湾に変更)に昇格したのを機に港名を仙台塩釜港に変更しました。また、平成19年3月、貞山地区貞山2号埠頭岸壁(-9.0m)の改築が竣工し供用を開始しました。今後とも塩釜港区は、平成20年に改訂された港湾計画に基づき、物流機能や観光機能などの充実を図っていきます。

仙台塩釜港塩釜港区写真です
仙台塩釜港塩釜港区(平成18年5月撮影)

お問い合わせ先

港湾課港政班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3212

ファックス番号:022-211-3296

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は