ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育子育て児童虐待対策(定員に達しましたので申込みの受付を終了させていただきます)子どもアドボケイト(意見表明支援員)養成講座(入門編)の開催について

(定員に達しましたので申込みの受付を終了させていただきます)子どもアドボケイト(意見表明支援員)養成講座(入門編)の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月31日更新

子どもアドボケイト(意見表明支援員)養成講座(入門編)の開催について

 申込者が定員に達しましたので,申込みの受付を終了させていただきます。

 県では,子どもの意見表明を支援したり,子どもの意見を代弁する「子どもアドボカシー」の取組を推進しており,令和3年度からは,児童養護施設等に入所している子どもを対象とした「子どもアドボカシー」の実施を検討しております。

 本講座では,子どもの声を聴き,その子どもの想いを伝える「子どもアドボケイト(意見表明支援員)」を養成することを目的として, 「子どもアドボケイト(意見表明支援員)」に求められる役割等を学んでいただきます。

主催

 宮城県 保健福祉部 子ども・家庭支援課,子どもアドボカシーみやぎ

対象者

・「子どもアドボケイト(意見表明支援員)」として活動されたい方

・「子どもアドボカシー」制度に興味がある方

・下記の第1回から第3回の講座にいずれも参加できる方

講座内容

講座の内容
 日時・場所研修内容講師
第1回

令和3年5月22日(土曜日)

10時30分~16時40分

フォレスト仙台  第7会議室

(仙台市青葉区柏木1-2-45)

子どもアドボカシーの理論

熊本学園大学 社会福祉学部

教授  堀 正嗣

第2回

令和3年5月23日(日曜日)

10時30分~16時40分

フォレスト仙台   第7会議室

(仙台市青葉区柏木1-2-45)

子どもアドボカシーの実際・演習

大分大学 福祉健康科学部

助教  栄留 里美

第3回

令和3年5月29日(土曜日)

10時30分~15時40分

宮城県行政庁舎 講堂

(仙台市青葉区本町3-8-1)

社会的養護制度・トラウマケアについて

元児童相談所長

臨床心理士 山崎 剛

子どもの心理発達

福島県立医科大学   ふくしま子ども・女性医療支援センター

教授 横山 浩之

県児童相談所一時保護所の

アドボカシーの取組について

弁護士法人A.I.ステップ

弁護士 内藤 梓

(注)新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては,Zoomによるオンライン研修などに変更する場合があります。

(注)研修会場の駐車場は,有料となります。また,駐車場の台数には限りがありますので,お車でお越しの際は,周辺の有料駐車場の利用もご検討ください。

参加費

 無料

定員

 50名

申込方法

申込者が定員に達しましたので,申込みの受付を終了させていただきます。

先着順で申込みを受け付けておりました。3/29(月曜日)までに申し込まれた方は,全員,受講が可能です。受講決定の連絡は行いませんので,講座当日,開始時刻までに,会場にお越しください。

 子どもアドボケイト(意見表明支援員)養成講座(入門編)チラシ [PDFファイル/649KB]

 

問合せ先

 〒980-8570

  仙台市青葉区本町3-8-1

  宮城県 保健福祉部 子ども・家庭支援課 子ども育成班

   TEL:022-211-2531

   FAX:022-211-2591

   メール:kodomoi@pref.miyagi.lg.jp

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)