ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童虐待防止の推進

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

気づいたら 支えて 知らせて 見守って

「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)を。

子どもを虐待から守るための5か条「その1」です。

その2 「しつけのつもり」は言い訳

その3 ひとりで抱え込まない

その4 親の立場より子どもの立場

その5 虐待はあなたの周りで起こりうる

子どもの虐待の種類

暴力だけでなく,児童虐待には4つのタイプがあります。

  •  身体的虐待 なぐる,ける,など体に傷あとが残ったり,生命が危うくなるようなけがをさせることなど 
  •    性的虐待  性的いたずらや性的行為の強要など
  •  ネグレクト(養育の拒否・保護の怠慢) 適切な食事を与えない,ひどく不潔なままにする,病気をしても医者に診せない,同居人による暴力の放置など
  •  心理的虐待 子どもの存在の無視,言葉によるおどしや脅迫,兄弟間の差別的な扱いなど心に不安や恐怖を与えること

相談機関

お住まいの市町村の福祉や母子保健の窓口で相談をお受けします。
また,県保健福祉事務所(地域事務所),児童相談所でも相談をお受けします。

 ・    仙南保健福祉事務所     0224-53-3132  ・ 中央児童相談所     022-784-3583

 ・    仙台保健福祉事務所     022-363-5502  ・ 北部児童相談所     0229-22-0030

 ・    北部保健福祉事務所     0229-91-0712  ・ 東部児童相談所     0225-95-1121

 ・      〃  栗原地域事務所  0228-22-2119  ・   〃  気仙沼支所  0226-21-1020                                                 

 ・  東部保健福祉事務所     0225-95-1431  ・  仙台市児童相談所   022-219-5111

 ・      〃  登米地域事務所  0220-22-6118                                                     

 ・    気仙沼保健福祉事務所    0226-21-1356