ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宅地建物取引業法違反に係る監督処分について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月26日更新

 宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号。以下「法」という。)第70条の規定により,本県が行った監督処分について掲載しています。

ご利用にあたっての注意事項

  1. 本ページの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが,利用者が本ページの情報を用いて行う一切の行為について,本ページ管理者及び担当課は,何ら責任を負うものではありません。
  2. 本ページの掲載情報については,私的使用または引用等,著作権法上認められた行為を除き,本ページ管理者及び担当課に無断で転載等を行うことはできません。また,内容の全部または一部について,本ページ管理者及び担当課に無断で改変を行うことはできません。
  3. 掲載期間は,監督処分の日から5年間としております。

監督処分対象業者及び処分内容について

「商号又は名称」をクリックすると,処分の内容を確認できます。

監督処分対象業者
商号又は名称免許証番号(処分当時)処分日
株式会社渡邊総建宮城県知事(2)第6048号令和3年2月2日
株式会社インファクト宮城県知事(3)第5659号令和3年2月2日
葵不動産事務所宮城県知事(11)第1993号令和3年2月2日
コペルハウス株式会社宮城県知事(4)第4868号令和2年12月18日
株式会社エステート・ラボ宮城県知事(1)第6341号令和2年9月9日

関連情報

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。