ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宅地建物取引業の廃業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月11日更新

目次

  1. 手続きの概要
  2. 必要書類,届出人等について 
  3. 注意事項
  4. 書類の提出先
  5. その他

1.手続きの概要

宅地建物取引業者は,下記の事項に該当することになった場合には,事由の発生日から30日以内に廃業についての届出をしてください。

個人免許の場合

  1. 代表者の死亡
  2. 破産
  3. 宅地建物取引業の廃止

法人免許の場合

  1. 合併による消滅
  2. 破産
  3. 解散
  4. 宅地建物取引業の廃止

2.必要書類,届出人等について 

  • 廃業等届出書(廃業等届出書 [Wordファイル/36KB]/廃業等届出書 [PDFファイル/105KB])
    提出用1部,控え1部の合計2部。
    控えは受付印を押して返却しますので,コピーで差し支えありません。
     
  • 宅地建物取引業免許証

    ※免許証を紛失している場合は,「宅地建物取引業者免許証亡失届」を添付して下さい。
    宅地建物取引業者免許証亡失届 [Wordファイル/32KB]
    (PDF版 宅地建物取引業者免許証亡失届 [PDFファイル/52KB]

  • その他届出事由,届出人を証明する書類(下表参照)
     
    廃業等届出の添付書類表
     廃業事由届出人添付書類(免許証以外)免許失効日
    (「届出事由の生じた日」欄に記入)
    個人死亡相続人

    死亡者本人の「戸籍謄本」

    (死亡の事実及び相続人が確認できるもの。除籍謄本では届出できません。)

    死亡日
    破産破産管財人

    「破産管財人選任及び印鑑証明書」

    (裁判所が破産管財人に発行する証明書です。)

    届出日
    宅地建物取引業の廃止宅地建物取引業者であった者
    (代表者本人)
    なし届出日
    法人合併による消滅代表する役員であった者
    (個人名で届出)

    消滅した法人の「閉鎖事項全部証明書(登記事項証明書)」

    (合併による消滅日が記載されたもの)

    合併による消滅日
    破産破産管財人

    「破産管財人選任及び印鑑証明書」

    (破産について裁判所の発行する証明書。)

    届出日
    解散清算人

    法人の登記事項証明書

    (解散日が記載されたもの)

    届出日
    宅地建物取引業の廃止宅地建物取引業の代表者

    なし

    ※代表者が変わっている場合は,「履歴事項全部証明書(登記事項証明書)」及び「名簿登載事項変更届出書」(第1面のみ)を提出してください。

    届出日

3.注意事項

  1. 遠方に住んでいる等の事情により,書類を持参することが困難な場合のみ,郵送による届出も可能です。
    この場合,廃業等届出書の「届出事由の生じた日」欄は空欄として下さい(当課で記入します)。
    また,控え返却用の「返信用封筒」を同封して下さい。
     
  2. 届出人ではない方が書類を持参する場合,その方の従業者証明書,宅地建物取引士証等を確認させていただきますので,ご持参下さい。(書類を持参した方が,業者の関係者であることを確認しています。)
     
  3. 業者所属の宅地建物取引士は,資格登録をしている都道府県へ,従事先の変更登録申請を行って下さい。(従事先として登録している業者が廃業した場合でも,自動で削除されることはありません。)
    従事先の変更手続きについてはこちら(宅地建物取引士の登録内容変更手続きのページ)

4.書類の提出先

〒980-8570

宮城県仙台市青葉区本町3-8-1(宮城県庁 行政庁舎9階)

宮城県土木部建築宅地課 調整班

電話022-211-3242

5.その他


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)