ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす河川課宮城県河川海岸環境配慮指針について

宮城県河川海岸環境配慮指針について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月5日更新

宮城県河川海岸環境配慮指針 ~津波被災地の河川・海岸復旧工事における環境配慮について~

【指針作成の目的】

 本県沿岸部は、東日本大震災により公共施設だけでなく、動植物の生育・生息する自然環境も壊滅的な被害を受けた。また、河川・海岸堤防の復旧にあたっては、L1堤防や粘り強い構造を採用したため、自然環境への影響が懸念された。そのため、県では、平成25年度に「宮城県環境アドバイザー制度」を設け、学識経験者から環境配慮事項について助言・指導をいただきながら、環境に配慮した復旧工事に取り組んできた。

 この度、河川・海岸の復旧が一定程度進み、実施した環境保全対策の検証も進みつつあることから、これまでの環境配慮の取組みや検討過程、環境保全対策について、今後の復旧工事等における環境配慮の指針としてとりまとめたものである。

 表紙

 【概要版】

    概要版 A3 [PDFファイル/378KB]

 

 【本編】

  第1章 宮城県沿岸部の自然環境

  第2章 東日本大震災による甚大な被害

  第3章 復旧・復興事業の考え方

  第4章 環境配慮の検討・実施にあたっての課題

   第1章~4章 [PDFファイル/2.59MB]

  第5章 環境配慮の検討・実施にあたっての取組体制

  第6章 現況調査(現況を把握するための環境調査)

  第7章 建設工事に伴う課題及び環境配慮の検討・実施

   第5章~7章(その1) [PDFファイル/971KB]

   第5章~7章(その2)A3 [PDFファイル/456KB]

   第5章~7章(その3) [PDFファイル/2.69MB]

  第8章 今後の対応

   第8章 [PDFファイル/313KB] 

  資料編

   資料1 [PDFファイル/3.39MB]

   資料2~4 [PDFファイル/3.3MB]

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)