ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

容器包装リサイクル法

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月6日更新

法の目的と各主体の役割

 家庭等から排出される一般廃棄物のうち,容積で約5割,重量で約2割を占める分別収集の対象 [PDFファイル/63KB]について,分別収集及び再商品化を促進するための措置を講ずること等により,一般廃棄物の減量化及び再生資源の十分な利活用等を通じて,廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利活用の確保を図るため,平成7年6月に制定されました。
 なお,容器包装リサイクル法は,一般廃棄物の処理を市町村がすべて担うという従前の考えを改め,次のような役割分担が示されています。
  (1)消費者:容器包装廃棄物の分別排出
  (2)市町村:容器包装廃棄物の分別収集
  (3)事業者:市町村が分別収集した容器包装廃棄物の再商品化
なお,法の概要は,環境省のホームページを御覧下さい。

第8期宮城県分別収集促進計画について

  第8期宮城県分別収集促進計画(関連ページへのリンク)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)