ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす保健福祉総務課原子力災害発生時における医療機関・社会福祉施設等の避難に係る原則的な考え方について

原子力災害発生時における医療機関・社会福祉施設等の避難に係る原則的な考え方について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新

 「宮城県地域防災計画〔原子力災害対策編〕」(平成25年2月改定時から)において,医療機関および社会福祉施設等(以下「施設」という。)の施設管理者は,原子力災害に備え,避難計画をあらかじめ作成するものとされています。

 施設の避難計画を作成するにあたり,準PAZ内及びUPZ内における施設の避難に係る原則的な考え方は,以下のとおりです。

 参考:宮城県地域防災計画〔原子力災害対策編〕(環境生活部原子力安全対策課)

 参考:原子力防災の手引き(環境生活部原子力安全対策課)

1.準PAZ内における社会福祉施設(通所)の避難に係る原則的な考え方

準PAZの通所

準PAZ内における社会福祉施設(通所)の避難に係る原則的な考え方 [PDFファイル/517KB]

準PAZ内における医療機関・社会福祉施設(入所)の避難に係る原則的な考え方

準PAZの入所

準PAZ内における医療機関・社会福祉施設(入所)の避難に係る原則的な考え方 [PDFファイル/455KB]

UPZ内における社会福祉施設(通所)の避難に係る原則的な考え方

UPZの通所

UPZ内における社会福祉施設(通所)の避難に係る原則的な考え方 [PDFファイル/518KB]

UPZ内における医療機関・社会福祉施設(入所)の避難に係る原則的な考え方

UPZの入所

UPZ内における医療機関・社会福祉施設(入所)の避難に係る原則的な考え方 [PDFファイル/458KB]


【全体版】準PAZ内及びUPZ内における施設の避難に係る原則的な考え方 [PDFファイル/600KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)