ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす古川農業試験場作物環境部が現在取り組んでいる研究課題

作物環境部が現在取り組んでいる研究課題

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月30日更新

土壌肥料チーム

・ 生育・生産情報に基づく水田肥沃度・生産力の判別法の確立

・ 大規模露地野菜の効率的栽培管理技術の実証研究

・ 稲作バリューチェーンにおけるICTを活用した農業による省力化・収量改善試験

・ 粗粒てんろ石灰の大豆への施用効果

・ みやぎ米専用鶏ふん燃焼灰入肥料試験

・ ドローン搭載マルチスペクトルカメラによる水稲モニタリング診断の確立

・ リグニン系土壌改良資材の大豆への施用効果

・ 製鋼スラグの水稲への施用効果

・ メタン発酵消化液の作物栽培への利用

・ 土づくりによる高品質米栽培技術の確立

・ 混合堆肥複合肥料の試作と肥効等の検討

環境化学チーム

・ 農産物放射能対策事業

・ 水稲の放射性物質吸収抑制のためのカリ適正モデル実証試験

・ ALCに代わる新たな石灰資材の開発と効果確認試験

・ 超低カドミウム稲を用いた汚染土壌対策の実証

・ 水稲のヒ素吸収における水管理効果実証試験

・ 農地土壌炭素貯留等基礎調査事業

・ 農用地土壌汚染防止対策推進事業

・ 肥飼料検査

虫害チーム

・ 農作物虫害防除における新たな殺虫剤の効果・残効性

・ 密苗播種・移植システムに対応した薬剤側条施用技術の確立

・ クモヘリカメムシの分布域の実態把握とモニタリング体制の整備

・ エダマメにおけるダイズサヤタマバエの発生リスクの評価と対策

・ 広食性チョウ目害虫に対するリスク管理と対策

・ イネドロオイムシの薬剤感受性検定

・ 斑点米カメムシ類に対する茎葉散布剤の防除効果

病害チーム

・ 農作物病害防除における新たな殺菌剤の効果・残効性

・ 国産農作物中のかび毒及びかび毒類縁体の動態解明並びに汚染の防止及び低減に関する研究

・ 密苗播種・移植システムに対応した薬剤側条施用技術の確立

・ だて正夢のいもち病防除体系の確立

・ 宮城県内に分布するイネいもち病菌のレース検定

・ 蒸気消毒によるイネばか苗病の発生抑制技術体系の構築

・ 温暖化によるイネ紋枯病の被害予測と被害軽減対策

・ ダイズ紫斑病菌の薬剤感受性検定

▲部トップページへ戻る