ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農地整備 オリーブの挿し木指導が行われました

オリーブの挿し木指導が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月11日更新

※石巻産オリーブについてはこちらをご覧ください。

 石巻産オリーブ 記事一覧

 

 石巻市が事務局を担う北限オリーブ研究会は令和元年7月11日、
株式会社アライオリーブの協力のもと、雄勝地区のほ場でオリーブの挿し木指導を行いました。

 今回指導したのは、「太木挿し」という方法です。
この方法は太さ3cm-5cm・長さ25cm-30cmの枝を土中に挿すもので、高い活着率を期待出来ることが特徴です。

指導風景

 (指導の様子)

 研修会に参加した生産者は、株式会社アライオリーブ代表・荒井社長の説明を熱心に聞きながら、
挿し木の方法を学んでいました。

 増殖には長い時間を要するものの高い活着率を期待出来る太木挿しは、
将来的に石巻産オリーブのさらなる発展の一助となることでしょう。

着果したオリーブ

(オリーブが着果しています。7月中旬現在、大きさは米粒大です。収穫予定は11月となっています。)

 

「石巻産オリーブ 記事一覧」へ

※石巻産オリーブについてのお問い合わせは、

「石巻市 産業部 農林課」(TEL: 0225-95-1111 内線3553)

へよろしくお願いいたします。