ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > 開館25周年記念 生誕100年記念 吉原治良展

開館25周年記念 生誕100年記念 吉原治良展

出品目録  

展覧会概要
会期:2006年8月6日(日) - 2006年10月9日(月)
休館:月曜日、8月9日(水)。ただし、8月7日、9月18日、10月9日は開館
料金:一般800円(700円)、高校大学生400円(300円)、小中学生300円(200円)
ただし、( )は20名以上の団体料金

 常に時代の先端にいて、同時代の美術をリードしてきた吉原治良(よしはら・じろう、1905-1972)は、日本の近・現代美術を代表する画家です。その生誕100年を記念して、吉原の全貌を紹介する回顧展を開催いたします。
 吉原治良は、戦前期のみずみずしい静物画の時代を経て、新しい美術傾向の二大潮流だったシュルレアリスムと、抽象表現を一人で横断し実践してきました。戦後は、「具体」グループを率いて、20世紀後半で最も重要な美術運動の一翼を担い、日本美術史上まれにみる存在だったといえます。吉原の足跡は、そのまま現代絵画への軌跡ととらえることができるでしょう。
 本展では、吉原治良の代表作を網羅するだけでなく、戦中期の幻想的な素描など、豊富な未発表資料も含む約190点の作品によって、そのあくなき創造力と、みずみずしい詩的感性をあますところなく紹介します。

関連事業

講演会:「吉原治良―その知られざる画業を読み解く」

概要
講師:熊田 司(大阪市立近代美術館建設準備室研究主幹)
日時:2006年9月3日(日)午後1時30分
会場:宮城県美術館アートホール
料金:無料
お申込み:不要

講演会:「疾走と屈曲―吉原治良の足跡をたどって」

概要
講師:林 道郎(上智大学教授)
日時:2006年9月17日(日)午後1時30分
会場:宮城県美術館アートホール
料金:無料
お申込み:不要

コンサート:「吉原治良展 藤原道山 コンサート」

(宮城県美術館協力会共催事業)

概要
 出演: 藤原道山(尺八)、池上眞吾(箏・三絃)、遠藤千晶(箏・十七絃)
日時:2006年8月20日(日)、午後5時開場、午後5時30分開演
会場:宮城県美術館エントランスホール
お申込み:お申込みは不要ですが、「吉原治良展」の観覧券またはその半券が必要です。
座席をご希望の方は、当日午後4時30分から美術館正面入口にて整理券を配布します。
企画協力:恩地元子(音楽評論家)

[藤原道山プロフィール]

藤原道山

 10歳より尺八を始め、人間国宝 山本邦山に師事。東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業、同大学院音楽研究科修了。在学中、御前演奏を務める。2001年「UTA」でCDデビュー。以来、「空-ku-」、「壱」、「かざうた」(J-POPカヴァーとオリジナル曲)をリリース。箏、ピアノ、チェロ等とのコラボレーションのほか、これまで坂本龍一、ケニー・G、野村萬斎ほかとも共演。原点とオリジナリティを追求しながら、既成の尺八イメージを変えるジャンルを超えた活動を展開している。

展示解説

概要
日時: 2006年 8月 7日(月)午後 1時30分 -
2006年 8月26日(土)午後 1時30分 -
2006年 9月30日(土)午後 1時30分 - 「(1)初期静物画」
2006年10月 1日(日)午後 1時30分 - 「(2)シュルレアリスム」
2006年10月 8日(日)午後 1時30分 - 「(3)純粋抽象」
2006年10月 9日(月・祝)午後 1時30分 - 「(4)<具体>」
会場:展示室入口集合
お申込み:お申込みは不要ですが、「吉原治良展」の観覧券が必要です。

ギャラリー・トーク

概要
対象:10歳から高校生まで
日時:2006年 8月 8日(火)午後 1時 -
 2006年 8月12日(土)午後 1時 -
 2006年 8月19日(土)午後 1時 -
 2006年 8月25日(金)午後 1時 -
 2006年 9月10日(日)午前11時 -
 2006年 9月16日(土)午後 1時 -
会場:展示室入口集合
お申込み:お申込みは不要ですが、「吉原治良展」の観覧券が必要です。

 

展示品
《芦屋川の見える静物》 1928年《手とカード》 1930年頃
《芦屋川の見える静物》《手とカード》
《風景》 1935年頃 《黒地に赤い円》 1965年
《風景》《黒地に赤い円》