ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・文化 > 文化 > 文化施設 > 宮城県美術館 > ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展

ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展

出品目録

展覧会概要
会期:2007年4月14日(土) - 2007年6月3日(日)
休館:月曜日(ただし、4月30日を除く)
料金:一般800円(700円)、大学生400円(300円)、高校生以下無料
ただし、( )は20名以上の団体料金
前売り:一般600円(4月13日まで)


 1963年、絵本『ぐりとぐら』(中川李枝子・文/福音館書店)から、「おりょうりすること たべること」が大好きなふたごののねずみ、ぐりとぐらが誕生しました。それから今日まで、この2匹ののねずみは、絵本の中から多くの子どもたちと出会い、その心をとらえてきました。彼らの人気のほどは、この2匹を主人公とするシリーズの絵本が、1千万冊以上も出版されているという事実からも知ることができるでしょう。
 この『ぐりとぐら』を描いたのが、その前年、それまでにない子どもの日常を描いた創作童話として注目された『いやいやえん』(同)の挿絵を描いた山脇百合子さんです。以来、山脇さんは、絵本や童話など子どもの本のために、子どもたちや擬人化された動物たちが織りなすファンタジーの世界を描き続けてきました。そこでは、ぐりとぐらと仲間たちが、一緒に遊び、ささやかな冒険をくりひろげます。かたわらでは、丁寧に描かれた自然の草花や日常の暮らしのようすが、おはなしの世界を確かな手ごたえのあるものとし、不思議な現実感を与えています。
 この展覧会は、宮城県美術館が所蔵する絵本原画コレクションから、絵本と挿絵の代表作23タイトル、約320点の原画によって、山脇百合子のイラストレーション世界の全体像を紹介するはじめての展覧会です。

関連事業

「ぐりとぐらに変身!」

概要
日時:毎週土・日曜日、祝日、午前11時 - 午後3時
会場:宮城県美術館エントランスホール
対象:1歳半 - 6歳
協力:宮城文化服装専門学校

ぐりとぐらの格好をしてみましょう。

展示解説

概要
日時:2007年 4月22日(日)午後2時-
 2007年 5月 6日(日)午後2時-
 2007年 5月20日(日)午後2時-
 2007年 6月 3日(日)午後2時-
会場:展示室入口集合
お申込み:お申込みは不要ですが、「山脇百合子絵本原画展」の観覧券が必要です。

作品鑑賞会:「ゆうこのキャベツぼうし」

概要
日時:2007年 4月21日(土)午後4時30分-
 2007年 5月 5日(土)午後4時30分-
 2007年 5月19日(土)午後4時30分-
 2007年 6月 2日(土)午後4時30分-
会場:宮城県美術館映像室
対象:10歳以上
料金:無料
お申込み:電話にて受付中/先着順/各回とも定員20名
Tel:022-221-2111

1冊の絵本が完成するまでを、展示では見られないスケッチの各頁を参考に見ながらたどります。

公演会:「絵本を聴く」 絵本の朗読とオリジナル曲演奏のミニ・コンサート

概要
日時:2007年 4月30日(月・祝) 12時- 、午後3時-
 2007年 5月 3日(木・祝) 12時- 、午後3時-
 2007年 5月 4日(金・祝) 12時- 、午後3時-
 2007年 5月27日(日) 12時 -、午後3時-
会場:宮城県美術館中庭(雨天の場合はエントランスホール)
料金:無料
お申込み:不要
備考:マタニティの方の優先席をご用意しています。ご希望の方は美術館にご連絡ください。

ワークショップ:「ぐりとぐらの景色を描こう」

概要
日時: 2007年 4月15日(日)午後1時-
 2007年 4月29日(日)午後1時-
 2007年 5月13日(日)午後1時-
 2007年 5月27日(日)午後1時-
会場:宮城県美術館創作室
対象:小学生以上
料金:無料
お申込み:先着順/各回とも定員15名(募集は締め切りました。)
Tel:022-221-2111

《ぐりとぐら》

《ぐりとぐら》 1963年
(中川李枝子・文/福音館書店)

《そらいろのたね》

《そらいろのたね》 1964年
(中川李枝子・文/福音館書店)

《ゆうこのあさごはん》

《ゆうこのあさごはん》 1971年
(山脇百合子・文/福音館書店)

《おひさまおねがい チチンプイ》

《おひさまおねがい チチンプイ》 1991年
(中川李枝子・文/福音館書店)

《ぐりとぐらのうたうた12つき》

《ぐりとぐらのうたうた12つき》 2003年
(中川李枝子・文/福音館書店)