ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全防災・救急消防春季全国火災予防運動の実施について

春季全国火災予防運動の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月1日更新

平成25年春季全国火災予防運動について

 今月1日から7日まで,全国一斉に春の火災予防運防が行われています。

 春は空気が乾燥し,風の強い日が多いことから,火災の発生しやすい季節です。

 住宅火災によって亡くなられた方の死に至った原因の約6割が逃げ遅れによるもので,犠牲者の半数以上は高齢者の方です。

 火災をいち早く発見し,逃げ遅れを防ぐため,住宅用火災警報器の設置が義務付けられております。

 住宅用火災警報器のおかげで,大事に至らなかったケースがたくさんあり,火災現場から多くの命が救われています。

 火災から大切な生命・財産を守るため,まだ設置をされていない方は,早急に住宅用火災警報器を設置しましょう。

 消防庁ホームページ[PDFファイル/800.67KB]

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント

- 3つの習慣 ・ 4つの対策 -

3つの習慣

  • 寝たばこは,絶対やめる。
  • ストーブは,燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ガスこんろなどのそばを離れるときは,必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために,住宅用火災警報器を設置する。
  • 寝具,衣類及びカーテンからの火災を防ぐために,防炎品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために,住宅用消火器等を設置する。
  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために,隣近所の協力体制をつくる。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)