ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県の温泉紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月24日更新

宮城県の温泉紹介

 このページの目次



1 温泉とは?

 温泉は,温泉法において下記のとおりに定義されている。 

 温泉法(昭和23年7月10日-1948-法律第125号)
 第2条 この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他ガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

 
-別表-

  1. 温度(温泉源から採取されるときの温度とする)摂氏25度以上
  2. 物質(下に掲げるもののうち、いずれか一)
物質表
物質名 1kg中の含有量(mg)
溶存物質(ガス性のものを除く)         1000
遊離二酸化炭素          250
リチウムイオン            1
ストロンチウムイオン           10
バリウムイオン            5
総鉄イオン           10
マンガンイオン           10
水素イオン            1
臭素イオン            5
沃素イオン            1
アルミニウムイオン          --
銅イオン          --
フッ素イオン            2
ヒドロひ酸イオン          1.3
メタ亜ひ酸            1
総硫黄            1
メタホウ酸            5
メタケイ酸           50
炭酸水素ナトリウム          340
ラドン(Rn)  20×10-10キューリー
ラジウム(Ra)       1×10-8

 温度設定について,摂氏25度以上と定めているが,この温度と定められた根拠は明らかではない。日本の平均気温が25℃と考えるのは高いとも考えられるが,戦前のもとになった法律が出来た時代は台湾も国土であったため,当時は日本であり,平均気温が高い地域である台湾を考慮し,平均気温説により25℃に設定されている説が有力である。

2 市町村別温泉源泉数(令和3年3月31日現在)

                     (浴用・飲用・他目的利用分)

市町村別温泉源泉数表
市町村名温泉地名源泉  総数 温度別源泉数湧出量(L/分)主たる泉質名
25℃未満25℃≦   <42℃42℃以上水蒸気    及びガス自噴動力
青葉作並2611150803.6336.3単純温泉
定義4022036.00.0単純温泉
愛子周辺25588020.7337.4単純温泉
青葉604200.0206.1ナトリウム-塩化物泉
宮城野宮城野403000.0239.8ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性低温泉
若林若林202000.0122.0ナトリウム-塩化物泉 低張性中性温泉
太白名取川220000.00.0ナトリウム-塩化物泉
茂庭550000.0187.4ナトリウム・カルシウム・塩化物-硫酸塩泉
太白712400.0338.1ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
湯元29371800.02,465.3ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
鴻の巣2020032.40.0 
神ヶ根101000.046.5単純温泉
二口周辺623000.015.7 
15194067.7141.3塩化物泉
小計 1342044530960.44,435.9 
白石市小原11135077.4966.4単純温泉
鎌先7320031.0116.3ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
南蔵王900300.0369.5単純温泉
白石301000.061.7ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
角田市神次郎200000.00.0ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
蔵王町遠刈田732826096.56,122.5ナトリウム-硫酸塩泉・塩化物泉
宮曲竹400100.0154.2ナトリウム-塩化物泉
鎌倉1100076.20.0冷鉱泉
小村崎101000.077.7ナトリウム-塩化物泉
七ヶ宿町追見200000.00.0アルカリ性単純温泉
大河原町101000.0102.0アルカリ性単純温泉
村田町谷山110000.00.0ナトリウム-塩化物泉
川崎町青根100440300.11,245.0単純温泉
峩々100000.00.0ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
かもしか100000.00.0酸性硫酸塩泉
今宿211000.327.3単純温泉
前川4110019.457.1単純温泉
釜房湖周辺1200100.060.0単純温泉
丸森町大内100000.00.0アルカリ性単純温泉
小計  1461022400600.99,359.7 
名取市下増田101000.00.0ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
閖上110000.020.6ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性アルカリ性低温泉
館腰100100.0203.0ナトリウム-塩化物泉
堀内110000.032.5ナトリウム-塩化物泉
岩沼市藤浪101000.0219.9カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
亀塚100100.0210.0カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
亘理町荒浜101000.0123.1ナトリウム-塩化物泉
山元町坂元101000.00.0単純温泉
小計  824200.0809.1 
松島町湯ノ原2200032.80.0泉質名なし
松島300300.0230.3

アルカリ性単純温泉

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

利府町赤沼110000.065.8鉱泉
青山1100032.20.0泉質名なし
菅谷1100012.00.0泉質名なし
小計  8503077.0296.1 
大和町台ヶ森11000測定不能0.0含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
南川110000.048.0ナトリウム-塩化物泉
宮床43測定不能(1件)測定不能0.0カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
大郷町大郷101000.0180.0ナトリウム-塩化物泉
富谷市富谷100100.0148.0ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
大衡村牛野森110000.02.0冷鉱泉
花の杜101000.075.0ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
小計  1062100.0453.0 
大崎市小野101000.0不明ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
古川駅前大通100100.035.3ナトリウム-塩化物泉
三本木503200.0631.0単純温泉
川渡32021110639.4522.9含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
東鳴子50118310719.1179.6ナトリウム-炭酸水素塩泉
鳴子1581717115

815.4

1,014.4含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
中山平8202037250.0340.5含硫黄-ナトリウム炭酸水素塩泉
鬼首55038107

449.1

82.9単純温泉
小塩312000.0105.3カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
色麻町平沢202000.01,040.0単純温泉
加美町鳴瀬川202000.00.0単純温泉
薬莱302100.075.0ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
大森101000.035.0ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
切込200200.036.0ナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉
涌谷町涌谷211000.0340.2ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
小計  3994182166472,623.04,438.1 
栗原市駒の湯90540183.3140.6ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
文字211000.086.8単純温泉 低張性酸性冷鉱泉
温湯6006028.382.7ナトリウム-塩化物泉
湯浜4013052.20.0単純硫黄泉
湯ノ倉200200.00.0 
金成303000.089.0単純温泉
長崎404000.075.4カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
高森100100.0143.0ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉
瀬峰101000.0113.0ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性低温泉
小計  32115160263.8730.5 
登米市北方101000.060.0ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性温泉
原前101000.050.7ナトリウム-塩化物泉 低張性中性低温泉
中沼崎101000.00.0ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性温泉
小計  303000.0110.7 
石巻市門脇110000.083.9カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
小船越110000.0190.7含鉄(2)-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
東松島市矢本202000.0120.0アルカリ性単純温泉
女川町女川101000.054.7カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
小計  523000.0449.3 
気仙沼市早稲谷11000測定不能0.0冷鉱泉
気仙沼110000.027.0ナトリウム-塩化物泉 高張性中性冷鉱泉
南三陸町南三陸220000.020.9ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性中性冷鉱泉
小計  440000.047.9 
総計  74954275281474,525.121,130.3 

3 最近の温泉掘削申請件数の推移

掘削等申請状況
温泉申請件数掘削動力増掘合計
平成14年度88218
平成15年度14 9124
平成16年度119020
平成17年度1219132
平成18年度158124
平成19年度611118
平成20年度114015
平成21年度136019
平成22年度67114
平成23年度5308
平成24年度5207
平成25年度1304
平成26年度3104
平成27年度1102
平成28年度3306
平成29年度3205
平成30年度4408
令和元年度110011
令和02年度60410

4 温泉の入浴法

1入浴の回数

  • 入浴回数は、1日1~3回とし、体の弱い方や高齢の方は1日2回までとしたほうが良いでしょう。
  • 数日以上の湯治で利用する時は、1日1回から始めます。

2 入浴の仕方

  • 入浴前は「かけ湯」をしましょう。温泉を体になじませる準備運動のようなものです。
  • 空腹時や食事直後、激しい運動の直後、飲酒後は入浴を避けましょう。
  • 入浴時間は、お湯の温度によっても異なりますが、はじめは3~10分程度とし、慣れるにしたがって延長しても良いでしょう。

3 入浴後の過ごし方

  • 入浴後30分~1時間ぐらいは運動を避けてください。

4 病気などの治療に利用するとき

  • 数日から数週間かけてゆっくり湯治しましょう。できる限り医師に相談して、指導を受けてください。

5 泉質と適応症・禁忌症の関係について

  温泉地に行ったら、温泉に入る前に必ず「温泉の成分、禁忌症及び入浴または飲用上の注意」の掲示を見て下さい。
  泉質と適応症・禁忌症との関係は以下のとおりです。
  なお、一部の源泉については下表の適応症の他に伝統的適応症が認められています。

療養泉の一般的適応症(浴用)

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

温泉の一般的禁忌症(浴用)

病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期


泉質による適応症・禁忌症

泉質による適応症・禁忌症表
泉質         適応症 禁忌症
浴用飲用浴用
単純温泉

自律神経不安定症、不眠症、                うつ状態

  
塩化物泉きりきず、末梢循環障害、
冷え性、うつ状態、皮膚乾
燥症
萎縮性胃炎、便秘 
炭酸水素塩泉きりきず、末梢循環障害、
冷え性、皮膚乾燥症
胃十二指腸潰瘍、逆
流性食道炎、耐糖能異常(糖尿病)、高尿酸血症(痛風)
 
硫酸塩泉自律神経不安定症、不眠症、                うつ状態胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘 
二酸化炭素泉きりきず、末梢循環障害、
冷え性、自律神経不安定症
胃腸機能低下 
含鉄泉 鉄欠乏性貧血 
酸性泉アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、             耐糖能異常(糖尿病)、表皮化膿症 

皮膚又は粘膜の過敏な人・高齢者の皮膚乾燥症

含よう素泉 高コレステロール血症 
硫黄泉アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、             慢性湿疹、表皮化膿症(硫化水               素型については、末梢循環障害を加える)耐糖能異常(糖尿病)、高コレステロール血症

皮膚又は粘膜の過敏な人・高齢者の皮膚乾燥症

放射能泉高尿酸血症(痛風)、関節リ
ウマチ、強直性脊椎炎など
  
上記のうち二つ以上
に該当する場合
該当するすべての適応症該当するすべての適応症  
含有成分別禁忌症
成分浴用飲用
ナトリウムイオンを含む温泉を1日
( 1,200/A) ×1,000mLを超えて飲用する場合
 塩分制限の必要な病態(腎不全、心不全、肝硬変、虚血性心疾患、
高血圧など)
カリウムイオンを含む温泉を1日
( 900/A) ×1,000mLを超えて飲用する場合
 カリウム制限の必要な病態(腎不全、副腎皮質機能低下症)

マグネシウムイオンを含む温泉を1日

( 300/A) ×1,000mLを超えて飲用する場合

 下痢、腎不全

よう化物イオンを含む温泉を1日
( 0.1/A) ×1,000mLを超えて飲
用する場合

 甲状腺機能亢進症
上記のうち、二つ以上に該当する場合 該当するすべての禁忌症

薬務課トップページへ戻る