ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課魚取沼県自然環境保全地域

魚取沼県自然環境保全地域

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月27日更新

魚取沼(ゆとりぬま)県自然環境保全地域


地域の概要

 この地域は、山形県との県境に連なる奥羽山脈の中腹に位置しており、加美(かみ)町の魚取沼(ゆとりぬま)を中心とする地域です。
 魚取沼は、標高620mのブナ原生林の中に地滑りによってできた面積約3.3haの山地湖で、国指定の天然記念物であるテツギョが生息しています。沼の周辺は、ヤナギ林、ヤチダモ林が分布し、岸はミツガシワ、オオカサスゲの多い湿生群落になっています。
 この地域は、全地域が特別地区として厳しい規制により保護されているほか、テツギョの捕獲、殺傷が禁じられています。
 なお、この地域に車で乗り入れることはできませんので、国道から歩くとすると片道3時間は見ておかなければなりません。

 

魚取沼(夏) 魚取沼(秋)

上画像:ブナに囲まれた魚取沼(ゆとりぬま)左が夏,右が秋のもの

 

魚取沼を取り囲む森林

 この地域は、典型的な日本海型のブナ林でおおわれています。高さ25m前後のブナにホオノキ、コシアブラ、ハウチワカエデなどが混生しており、その中に日本海型植生要素であるチシマザサ、ヒメモチ、エゾユズリハ、ヒメアオキなどが多く見られます。
 一方、多雪地のため、タニウツギやヒメヤシャブシの多い、いわゆる雪崩(なだれ)植生を急斜面の随所に見ることができます。

 

テツギョ

テツギョ 体はフナによく似ていますが、尾ひれがキンギョのように長いのが特徴で、全体的に黒さび色をしているためにテツギョと命名されています。
 全国の川や池でもごくまれに見られることがありますが、魚取沼のように群れをなして生息している例は極めて珍しく、学術的にたいへん貴重な存在です。